ココロでやせるダイエットという本に
こんなことが書いてありました。

自分に優しいのと 、自分に甘いというのは 、
似ているようでまったく違います 。
自分に優しいとは 、自分を大切にするということ 、
自分にゴミを 、どうでもいいものを入れないということ 、
本当に楽しいもの 、楽しいこと 「だけ 」を選ぶということです 。

自分に甘いというのは
「どうでもいいこと 」で自分を満たすということです。

食べ物と部屋の片づけもつながっています 。

部屋の中に 「どうでもいいもの 」がたくさんある状態を
「散らかっている 」といいます 。

「ない前提 」だから 「持つ 」ことに安心します 。
そして 、 「どれも 、大切 」という幻想におちいっています 。

でも 、 「どれも大切 」というのは 、
実は 、どれも大事にしていない 、という 、
とても自分を傷つけている状態なのです 。




■間食がやめられない。



私が、なんでダイエットの本を読んでいるのか・・

それは、どうしても間食がやめられず・・
ブクブク太ってきていたからです。


断捨離のリバウンドはしないけれど、
思いっきり体重のリバウンドをしてしまう私。
(お恥ずかしい限りです)

私が太ってしまう主な原因は、

1、運動不足
2、間食がやめられない


■スポーツジムに通いだした



もうね、自分で
痛いほど分かっておりました。

どんどん太ってきているって・・

でも、それを、どうにかしようと
見て見ぬふりをしていました。

もうね、そんな自分が
ほとほと嫌になって。

なので、7月からスポーツジムに
「また」通い出しております。


■楽しく通う



1年前、通っていた時は、
まだ、私の気持ちは
内に内に向いていて、
とりあえず、自分の体力をつけようとして
黙々とやっておりました。

それが、淡々としていて
楽しくなかったのです。

(だから一旦やめたのですが)

なので、今度は、
「できる限り楽しく通おう!」
心に決めておりました。

その甲斐あってか、
通い出して2ヶ月で
何人かの友達ができました。

やはり、おしゃべりをして
楽しく冗談を言いながら
ヨガやエアロビなどの
スタジオプログラムに参加すると
とても楽しいです。


■自分に「優しく」と「甘い」



そして、どうしても間食がやめられない部分ですが、
心屋さんの本を読んで、
私は、自分に優しくしているつもりが
「甘く」していたんだなと感じました。


大して、お腹が減っていないのに
チョコやパンを
口の中に入れていました。

それは、自分が大切だからと思っていたのですが、
よく考えてみると
「どうでも良い」もので
自分を満たしていただけでした。


■まとめ<痩せていた頃>



私は、人より新陳代謝が悪い方です。
だから、食べれば食べただけ
体に溜め込む体質です。
(よく言えば、超省エネタイプ)

確かに20代の頃、痩せていたのですが、
夕ご飯を食べないでも
普通に生活できていたし、
超健康体でした。


それなのに、30代の今の方が
よく食べ、ちっとも動かない。
当たり前の現象が起きているだけでした。

それにしても、歳のせいか
なかなか痩せません(泣)

のんびり頑張っていこうと
思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」




よろしければ読者登録をお願いいたします!