ちょっと前の心屋仁之助さんの
ポットキャストで、
これは面白いなーと思った話がありました。

それは、仁さんは
昔、ものすごい「妖怪ケチケチ星人」だったという話。

■妖怪ケチケチ星人



<ポットキャストの内容>

僕ね、スーパーとかに行っても
安いものを選ぶ傾向があったのね

でも、奥さんに「別に、食べ物で
そんなにお金が動くわけじゃないんだから
好きなもの食べればいいじゃん」
って言われてね。

「あっ!そうだな」と思ってね

奥さんは、モノを安いとか
高いとか、お得とか、
そういう概念で使わないのね。

欲しいのだったら欲しい。
買うのだったら買う。
要らないのだったら要らない。


そういう損得を考えない人のね。

でも、僕からしたら、
なんで損得を考えないの?って
思うわけよ。

何を考えているのよって
思ったんだけどね、

何だか、面白いからマネしてみようって
マネしてみたら、
「あっ!なんだ。損得なんて考えない方が
全然面白いわ」
ってことに
やっと気づいたの。

だから、いつも、うちは損しようって話してるの。
損したって大丈夫なんだからって。

■節約志向の恐ろしさ



この妖怪ケチケチ星人の話は、
私にとって、ものすごく腑に落ちる話でした。

スーパーで数百円を血眼で節約しても、
ストレスが溜まって、
数千円の単位で、無駄遣いをしたら
スーパーでの努力が水の泡になるだけじゃなく
後悔が残って、自己嫌悪になって
更に、ストレスが溜まるという悪循環。


■お金を使うのが怖い



スーパーで、本当に食べたいものを我慢して
安いものを買う。

この文章の中で、
気をつけたいのは

・安いものを買うことが悪いわけじゃなく
・本当に食べたいものを我慢する。


この「我慢する」というのが
よろしくないんですね。

「我慢する」の深層心理としては、
お金を使うのが怖いんですね。


■自分の本当の心



ポットキャストでも話しているけれど

奥さんは、モノを安いとか
高いとか、お得とか、
そういう概念で使わないのね。

欲しいのだったら欲しい。
買うのだったら買う。
要らないのだったら要らない。


「お金を使ったら減ってしまう」
こちらにばかりフォーカスすると
自分の本当の心が見えにくくなってしまいます。

■まとめ<ケチケチ星人の卒業>



「安いからダメだ」とか
「高いからダメだ」とか


そういう「ものさし」で
生きるから辛くなるんです。

なので、大切にしたいのは
「私は欲しい」のか
「私は欲しくない」のか


そんな自分の欲望のまま生きていたら
将来貧乏になってしまうじゃないか!

そう思うかもしれないけれど、
自分の欲望を満たしてあげると、
自分自身が満足して
不要な欲望が湧いてこなくなります。


だから、不要な出費が減る。

だから、満足感とお金が残るんです。


この好循環が、とても大切なことなんですね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!