昨日の記事(「サラリーマン」が向いている人の特徴とは?)を
読んだ旦那が、
「ハピコの考え方は
難しいな」と言っていました。

私は、それを聞いて
「そうでもないけどな」と思いました。

■やりたいことのために



私は、これまで、
「こうだ!」
「こうしたい!」


そう思ったことは、
比較的、実行に移してきた方の人間です。

「転職をしたい!」のスイッチが入れば
猪突猛進に転職活動をしたし、

「ブログをやる!」のスイッチが入れば、
猪突猛進にブログを書く。

本当に手に入れた後の感情は、
どうであれ、
私は、とりあえず
これまでイメージした理想は、
手に入れてきた方の人間です。

■本当にやりたいことがあれば



私は、昔、化粧品だけで、
月1万円近くの
お金を使っていたことがありました。

当時、この費用は、
私には必要だと思っていたわけですが、
今の私は、
本当にやりたいことがあるのなら
月1万円の化粧品代を
手放すことは惜しくないと感じました。


■稼がなければいけない



化粧品代1万円のために、
私は、人より沢山稼がなければいけない。


それは、私にとっては
プレッシャーだったわけです。

でも、今の私は、
化粧品代1万円と
本当にやりたいことをやれる人生
どちらを選ぶかと
自分に聞いてみると、
答えは・・
「本当にやりたいことをやれる人生」なわけです。

■生活が小さい



「生活が小さい」とは、
毎月の固定支出が小さいという意味だったり
持ち物が少ないので、
壊れたから買い換えなければいけないという
支出が小さいという意味なわけです。

生活が小さいと、
稼がなければいけないという
プレッシャーが必然的に小さくなります。

だから、あまりお金のことを
心配せずに、色々なことに
挑戦できることは
とても自由だなと感じます。


■本当にやりたいことのために



やはり、「生活が大きい」
自分の心に対して、
小回りが利きにくくなります。

最低でも、これだけは稼がなければいけない。
これは、知らず知らずのうちに
自分の時間を奪っていきます。

大切な自分の人生のために
お金の奴隷にはなりたくない。

だからこそ、小さな生活を楽しんで、
好きなことができる人生でありたいなと感じます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


よろしければ読者登録をお願いいたします!