今、お盆で実家に帰省しております。

帰省するにあたって、
いつも手土産を持っていくのですが、
やはり、お金があまりなかった頃は、
手土産を買うことにも
前向きな気持ちですることができていませんでした。

あの頃は、自分たちのことで
精一杯で、今よりも
お金に執着していたなと感じます。


■今回の手土産



写真 2017-08-12 6 42 48


ちなみに、今回の手土産は、
「ぶどう」と「お酒」


ぶどうは、3箱。
お酒は、2つ。

これとは別に、
旦那の実家に行くときには、
また同じくらいの
手土産を買っていきます。

■人のために使うお金



相手が喜ぶものを
惜しみなくプレゼントする。


元々、お金に執着が強い私からすると、
修行の1つ。

一瞬、「どうしよう!?」と思う気持ちを
振り払い、
「私は、周りの人のために、お金を使うんだ!」
レジでお金を払います。

■お金は使ってこそ



預金のお金が増えることも
それなりに嬉しいことです。

でも、それは、数字の羅列であって、
お金は使ってこそ意味が出てくるのです。

お金を人のために使った時、
そのお金は、
自分に使うよりも
何倍もの価値を生み出します。


■自分も嬉しい、相手も嬉しい



プレゼント(手土産)をすると
相手が喜ぶ顔を見て
まず、自分の心も報われます。

「あぁ、やっぱり買って良かったなー」と。
それで、まず自分の気持ちが成仏するのです。

そして、プレゼントは、
そこで終わりません。

それは、相手の心にも
「プレゼントを貰った」という
体験と気持ちが残ります。


こういう感情は、
自分のために使った時よりも
より長く、そして、より深く
記憶に残っていくものです。


■自分の味方になってくれる



そして、その記憶は、
「自分の味方になってくれる」という
素敵な効果をもたらしてくれます。

自分が、本当に困った時
そういう味方になってくれる人がいると
手を差し伸べてくれるのです。

そして、そういう記憶は、
最終的には、
自分が、あの世へ行ってからも
長く心に残るし、
自分の魂も成仏するのです。


■プレゼントを大切に。



他の人のために
お金を使う。


これは、それだけを切り取ってみると
なんだか、勿体無いような感じがしますが、
長い目で、全体的な流れを
考えてみてみると、
こんなに素敵なお金の使い方はありません。


「さりげなく、人のためにお金を使う」

私は、これからも
続けていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」






ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!