先日、旦那のTSUTAYAのTカードの
更新ハガキが届いておりました。

そして、そのハガキを持って更新に行くと
旧作のDVDまたはCDが、2枚無料で
借りられるということで、
何か借りようと店内を物色しておりました。

■ジャケ借



そして、私の目に止まったのは、コレ。

IMG_1201


ジャケ借というもので、
具体的な映画のタイトルではなく、
その映画のキャッチコピーだけが書いてあります。

その中で、私の目に止まった
キャッチコピーは、
「平凡な日常こそが、極上の幸せ」

■レジにて・・



そして、そのDVDケースを持って
レジへ行くと、店員さんが
そのDVDを教えてくれます。

このキャッチコピーのタイトルは
一体!?


■正解は!



IMG_1223


「あっ!何か知ってる!」

でも、どうせ、痴話喧嘩の末に
仲直り的なやつでしょ!?と
スルーしておりました。



■ところがどっこい。



まあね、無料だし。
たまには、まったりDVD鑑賞も悪くない。

そんな軽い気持ちで
見始めたら、途中から
涙がポトリ。


あのね、痴話喧嘩とか
そういうんじゃなかったです。

■平凡な日常こそが、極上の幸せ。



人間の複雑な感情を
描写していて、
「素直に生きる」って
やっぱり大切だよね。


そして、幸せは、既に目の前にあるんだ。
それを、どうして大切にしてあげられないの?


そんなメッセージを
私は受け取りました。

予想外に良い映画でした。
機会があれば、ぜひ^^






ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!