我が家は、共働きで、家計管理は、私が代表して、
全てのことを管理しています。

なので、このお金は、旦那のお金、妻である私のお金という
線引きが、殆ど有りません。

「総収入がいくらで、総支出がいくらなのか?」
こればかりに集中していました。

そんな中、先日、離婚・死別といった時に
口座の名義を分けておいた方が、何かと便利ですよと
私の母親ほどの、ご年齢であろう方より、コメントで教えて頂きました。
(ありがとうございます)

なるほどねー。まだ30代という年齢ということもあって、
離婚は、置いておいて、(お互い生きているので、何とかなるかな)
死別の場合の金融財産のことまでは、考えていませんでした。

先日、最後の負債である奨学金の一括返済を完了し、
現在の我が家の金融資産は、貯蓄系保険も合わせると
500万円前後といった所です。

数年前、マイナス500万円からスタートした頃と比べると
随分、まとまった金額になってきたなーと思います。

おそらく、まともな人達は、このくらいから
結婚生活をスタートするんだろうなー。
ということは、これからが、資産形成の本格的スタートなのかもとも思います。

正直、私の中での、一番のピンチは、私が若くして
先立ってしまうことだと思っています。
(それは、絶対避けたいけれど、もしもの時・・)

旦那が、若くして先立った場合は、職場の保険から
最低7,000万円の保険が出ます。
(その分、毎月1万円以上の保険料を天引きされています)

正直、こんなに要らないのですが、命がけの仕事なので
強制的に加入させられています。

なので、旦那が先立った場合は、車を手放して
息子と私の実家に帰れば、月10万円もあれば生きていけると思っています。
遺族年金や学資保険もあることだし、ほとんど心配はしていません。

ただ、私が、若くして先立った場合は、
500万円の保険と、遺族年金くらいしか残りません。

果たして、お金に無頓着な旦那が
ちゃんとやっていけるか心配です。
なので、現時点の貯金の名義は、ほとんどが旦那になっています。

今日は、改めて、最悪の状況をシミュレーションしてみました。
我が家の弱点は、私の死亡です。

そのためにも、私は、元気に長生きをして
コツコツ金融資産を伸ばしていこう。
そう改めて思いました。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄






よろしければ読者登録をお願いいたします!