私には、2歳になる息子がいます。
今日は、息子にかかる教育費について考えていました。

我が家の家計簿を見てもらうと分かるんですが、
毎月、奨学金の返済をしています。
これは、私が大学時代に借りたものです。

奨学金返済と聞けば、聞こえはいいですが、
れっきとした利子付の借金です。

返済計画は、年20万円を20年間。
合計400万円を返済する予定です。

実家通いで一般的な理系大学に通いました。
私は、大学に入学するまで、うちは裕福なんだと思っていました。
綺麗な一戸建てに住んで、父は大手の会社に勤めていたからです。
でも、どうやら住宅ローンの支払いが相当大変だったようです。

大学入学後、奨学金を借りないといけないと母親に言われた時は、
相当ショックでした。
全て親が出してくれるものだと思っていたからです。

今は、半分以上、返済したのですが、
大学を卒業した22歳の時点で400万円の借金がある。
当時は、考えただけで、気分が悪くなりそうだったので
いつも考えないようにしていました。

こんな思いを息子にはさせたくない。

小学校から私立とかは、さすがに無理だけど
せめて高校・大学は、息子が行きたいという学校に行かせてあげたい。
その時「お金の心配はいらないよ。好きな所に行きなさい」
そう言ってあげたい。

綺麗な一戸建てなんていらない。
大学を卒業したとき、借金のない生活の方が欲しかった。
そのためにも、今のような生活を続けていこう。

決して、贅沢ではないけれど、楽しい生活。
私は、これで十分、幸せです。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄





よろしければ読者登録をお願いいたします!