以前、通信料を安くしたい!ドコモヘビーユーザーの旦那を持つ私が下した苦渋の決断。 という記事を書きました。

あれから、dtabの機種代(29,800円)を購入したときの20,000円キャッシュバックと
手出し9,800円で、機種代を支払ってしまったので、現在、請求されている金額は

1

これに、前、使っていたスマホのSPモードを解約して
電話回線だけにして使用しているので、基本使用料の783円

736円+783円=1,519円

これが、私が使っている分の最低限の料金です。
あとは、たまに通話もするので、+数百円といったところ。

でも、これが出来るのも、ヘビーユーザーの旦那がいるから。
旦那は、カケホーダイ+8GBの契約をしています。

この部分だけで1万円は、かかっています。
それに、旦那のゲーム課金などが加わり、全部で13,000円~14,000円くらいが
通信料としてかかっています。

dtabを、数カ月、使ってみた感想は、
2年前のXperiaのスマホより、アプリの起動などが
モッサリしていて、多少イライラもしますが、
使えないこともないレベルです。

そもそも、あまり使わないので(1ヶ月で1GBいかないくらい)
こんなもんか程度です。

なんで、こんな記事を書いているのかというのは、
ドコモが2015年9月25日から、カケホーダイライトプランというサービスを開始するそうです。

今までの、カケホーダイは、2,700円で無制限にかけ放題だったのに対し、
カケホーダイライトは、1,700円で1回の通話が5分以内まで無料という内容だそうです。

で、もし、私が、カケホーダイライトで契約したら
どんな感じになるんだろうって思いまして・・

例えば、2015年夏モデルのXperiaTM A4 SO-04Gの場合
3

当初、データSパックで計算していましたが、
カケホーダイライトは、データSパックは適用外なのだそうです。
すみません。

データMパックで再計算してみました。
4
(機種代を一括で払った場合)

なので、24ヶ月、使用した場合
機種代77,760円+(5,242円×24ヶ月)=203,520円

ちなみに格安SIMとかで24ヶ月使った場合、
例えば、30,000円の機種を購入して、通話+データを契約した場合
30,000円+(2,000円×24ヶ月)=78,000円

ドコモの場合、1ヶ月:8,480円
格安スマホの場合、1ヶ月:3,250円

改めて計算すると・・私には、全然合っていないということが分かりました。
データMパックで、大して通話をしない人には良いかもしれません。

とりあえず、私は、dtabを買ったばかりで
格安スマホばりの料金で、とりあえず生活出来ているので
機種変などをする予定は全然ないのですが
こうやって、たまに比べてみるのも面白いものだと思いました。

私にも、いずれやってくる月々サポート終了の時は、
また対策を施すわけですが、日々、状況は変わっているので、
これからもアンテナを張って、情報収集していこうと思いました。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄


よろしければ読者登録をお願いいたします!