先日、姉の、旦那さんの、お母さんの、お父さんが亡くなったと
母から連絡がありました。

そうかー。姉の旦那さんには、もの凄くお世話になっているし、
そのおじいさんが亡くなったということは、
悲しいお知らせだと思いました。

でも、正直、姉の旦那さんのおじいさんのことは知らないのです。
姉の結婚式に、多分おられたんだろうけど、どの人なのかも分からないレベルなのです。

姉の旦那さんのお母さんなら、何度か会って話をしたこともあるし、
私が結婚をする時に、お祝いを頂いたりもしました。

その流れで、私の母は、「香典で5000円を包みなさい」と
電話で言ってきました。

正直、「香典を包む」ということが慣れていなくて、
「えっ!?誰かも分からないのに包むの!?」と思ったわけです。

でも、「包みなさい」と言われて「イヤだ」というのも
おかしいのか。それすらも分からないレベル。

結局、姉に連絡して、「後日、郵送で送るから立て替えておいて」と
お願いしていたのですが、折り返し、姉から連絡があって、
「お義母さんが、ハピちゃんの香典は、気持ちだけでいいわよ」とのこと。

今回、我が家の家計に変動は無かったのですが、
日本のしきたりとか慣習とか、難しいと思いました。

その後、母とも電話で話したのですが、
「地域が違うだけでも、色々違うからね。お母さんも、よく分からないのよ~」と
言っていました。

私は、葬式とは、誰かも分からない人が大勢集まって盛大にするものじゃなくて
いいんじゃないのと思っています。

親族と、本当に親しい友人何人かに
「ハピコは楽しい人生を送ったよね」って言われるような
ささやかなものがいいと思っています。

葬式の参列者の人数より、生きている間の人生の方が
よっぽど大切。

自分がやりたいと思ったことをやっていく。
それが、私の目標です。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄


よろしければ読者登録をお願いいたします!