独身時代は、沢山の服を持っているのに、
「着ていく服がない!」そう思っていました。

特に、久しぶりに会う友達と、会う約束をしようものなら、
どうしよー。何着ていこうー。
着ていく服が無いから買いに行かないとー。

どうして、沢山の服を持っているのに
「着ていく服がない」と感じていたのか・・

それは、当時、自分には、「お金がない」と
いつも思っていて、欲しいと思う服ではなくて、
安い服を買っていたから。

安くて手頃だと思う服を手に入れると、
不思議と満足感が低くて、また服が欲しくなる。

だから、また安くて手頃な服を買ってくる。
すると、みるみるうちに着てもワクワクしない服が
山のように増えていく。

だからといって、安くて手頃な服を、着ないからといって
捨てることは出来ず、いつか着るかもしれないとタンスの
奥にしまっておいていたのです。

そして、普段とは違う、昔の友達に会うといった約束をすると
安くて手頃だった服を着ていく気になれず
着ていく服がないと、頭をかかえていたのだと
今なら、分かります。

先日、実家に帰省した際、昔の友人にも何人かに会いました。

その時、昔は、あんなに何を着ていこうと
思っていたのに、今の私は、そんなことで悩むことが
無くなっていることに気づきました。

どうして、悩むことがなかったのか・・
それは、毎日、昔の友達に会っても
恥ずかしくない服を着て過ごしているから。

あんなに沢山あった服は、今は、もうありません。
その代わりに、必ず着る服が数枚。

そして、その服は、安くて手頃だったから買ったわけではなく、
欲しいと思った服だということ。

枚数が少なくても、その服を着ると気持ちが上がる。
そんな生活をしていると、「何を着たらいいのー」と
思うことが無くなります。

むしろ、あの服も着ていきたいし、
この服も着ていきたいとすら思えてしまう。

良いものを少しだけ。
そして、長く着る。

そんな生活にシフトすることが出来て、
私は、本当に良かったなと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄


よろしければ読者登録をお願いいたします!