「ピンポーン」
玄関のチャイムが鳴りました。

すると、3歳の息子が猛ダッシュで玄関に走っていきます。
「ぼくが出るー」

ドアを開けると、同じ団地のご近所さんが立っていて、
「5月2日に退去することになりまして・・」

我が家は、昨年度、団地の役員をしていたので、
退去する時は、諸々の事務処理があるので
報告してもらうようになっています。

「えー。寂しくなりますー。ちょっと待ってくださいね。
旦那を呼んできます」

旦那を呼んできて、「転勤ですか?」と聞くと
「いえ、家を買ったんですよ」

「うおー、すげー」
旦那と二人でハーモニーを奏でてしまいました。

「いえいえ、中古住宅で、大したことないんですよ」
そうやって謙遜されていました。

ご近所さんが帰られたあと、
「家、買ったって言ってたね」
自然と、そういう会話になりました。

我が家がココに引っ越してから、
家を購入して退去した人は、これで3回目。

その度に「家を買う」ということについて
二人で話し合ってきました。

今、住んでいる地域で、家を買うということを
何度もイメージしてきましたが、
やはり、それは我が家の選択ではない。

これから、転勤があるし、
場所が不便で、公共交通機関も限られています。

とりあえず、家を購入するのは今ではない。
できることなら、このまま貯金を続けていって、
家を購入する時がきたら、現金一括で購入したい。

その時、購入する家は、中古でもいいし、
新築だとしても、小さな家。

日本でも少しずつ始まっている小さな住みかた。
アイムミニマリストを読んでいるとワクワクします。


平屋で、自分達でメンテナンスができる
そんな家がいいよねと考えています。

いつか買うかもしれない家。
それまでは、気楽な賃貸生活を楽しもうと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄


よろしければ読者登録をお願いいたします!