先日、こんな記事を読みました。
40歳のあの人は年金を一体いくらもらえるか 年収800万円でも月20万円にも達しない現実

内容としては、65歳となって退職をしたAさんの受給年金が、
月20万円にも達しないということで衝撃を受けます。
(年収が高いから、月30万円くらい貰えると思っていたようです)

しかし、現時点で、年収が800万円の人でも、受給年金は月20万円にも
達しないという現実。

一体、私たちは、どうすれば良いの?


今まで年収800万円で生活していた人が、
年間の受給年金が200万円程になるということは、
軽く想像しただけでも、当事者にしてみれば、
「衝撃」という言葉がピッタリなのかもしれません。

年収800万円の生活に慣れて生きてきた人が、
ある日、突然、年収200万円で生活をしなければならない。


それは、到底、考えられないし、
受け入れがたい現実なのだと想像することが出来ます。

30代の我が家が、年金を受給する頃には、
もっと事態が悪化するのは、目に見えていますが、
これから、お金と、どう向き合って生きていくことが
懸命なのか考えてみました。

その1.生活レベルを上げない。
その2.毎月、貯金をしていく。
その3.無理のない範囲で、投資していく。

生活レベルを上げない


我が家は、旦那の手取りが20万円以下という、
なかなかパンチのきいた収入なので、
私も、頑張って、収入を得られるように努力をしています。

その頑張りもあって、我が家の世帯収入は、
まずまずのレベルまで上がってきていますが、
収入が増えたからといって、支出を増やさない。

今くらいの生活レベルを維持することが出来れば、
将来、収入が減ったり、年金生活になっても、
大きく動揺しないで済みます。

毎月、貯金をしていく


どんなに収入が少なくなっても、
毎月、貯金をしていくことを欠かさないようにすること。

現時点での、我が家の収入からしたら、
今くらいの生活が、ちょうど良いと思っていますが、
もし、今後、収入が減ったりしても、
毎月、少しずつでも貯金をしていくべきだと思っています。

赤字には、絶対にならないように死守する。
それが、大切なことなんだと思います。

無理のない範囲で、投資をしていく


結婚当初、マイナス500万円からスタートした我が家。
あれから7年程で、現在の総資産は700万円くらいになってきました。

そんな我が家は、去年から投資信託のセゾン投信
少しずつですが始めました。

現在の状況は、こんな感じ。

セゾン

相変わらずのマイナス評価・・アハハ

でも、これは、我が家の総資産からしたら
たった2%ほどの話なので、
それが少々マイナスになっているからといって、
正直、痛くもかゆくもありません。

これは、このままのんびり続けていって、
数十年後、増えていたらいいな程度でやっています。

経済は、緩やかですが成長を続けているし、
数年に1度のペースで、好景気の波がやってきます。


それが、いつなのか・・
素人の私には分かりません。

だから、こうやって、のんびり準備をしていって
待っているというわけです。

しっかり準備して、助け合いながら楽しい老後を迎える


何も準備をしないで、手に入れた収入を、
永遠に続くものだと過信して、
生活レベルの高い生活をしていると、
Aさんのように、思わぬ事態に出くわします。

65歳が定年というのも、30代の私が、
老人になる頃には、70歳が定年とかになっているでしょう。

それでも、年金だけで生活というのは、
厳しい時代になっているでしょうから、
「定年退職して、ゆっくり老後を」と考えるのではなくて、
退職しても、まだまだ働ける元気な体で、生涯現役。

そうやって、夫婦二人で助け合いながら
楽しい老後を生きていく。


そういうことが、大切になっていくんだと、
私は思います。

【ハピコの一言】
セゾン投信で、無理なく投資して老後に備えています。


<人気記事セレクション>
1.お金の不安から自由になるために、今から始めよう

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記




ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!