坂上忍 家を買うもたまに見ていますが
セカンドハウスを買おうって企画です。

神奈川の逗子エリアで、最高値物件3億5000万円。
オススメ戸建物件、1億8000万円。
オススメマンション、2760万円。

石原良純は、今回は、結局買わないようでしたけど、
セカンドハウスに何億円も使う人が世の中にはいるんだな・・
たまにしか行かないのに・・
団地住まいの私からしたら、意味不明なわけです。

お値段グンと下がって2760万円のリゾートマンションだって
それだけのお金があれば、何回でも国内旅行や海外旅行に行けるのに・・
家にいない間の管理とか大変そう・・とか
そんなことばかり考えながら見ていました。

そもそも、こんなセカンドハウス買う人って、
どんな人だろう。考えてみました。

年収1000万円の人かな?
うまいことやれば、オススメマンション辺りは買いそうだな。

最高値物件を買う人は、大企業の経営者とかじゃないと無理だろうな。
どんだけ、お金余ってるんだろう。

この企画、結構、視聴率がいいみたいです。
やっぱ、お金を持っている人が、どんな生活をして
どんなことに、お金を使うのか興味があるんですかね。
ただ単に、普段見れない物件が見れるのが面白いのかな。

セカンドハウスを持てるってことは、
相当お金に余裕がないと無理なこと。
まず、一般的なサラリーマンじゃ無理。

事業を立ち上げるとか、お金が自動的に
入ってくる仕組みを作り出した人たちのお遊びなのだろう。

結局、世の中は、仕組みを作り出した人たちが有利であって、
サラリーマンは、その人たちのコマでしかないのだろう。
つまらないことを考えておりました。

私は、大金持ちには、このままではなれないけれど、
幸せな小金持ちくらいには、なれそう。
というか、なりたいと思っています。

そのために、私が、やるべきことは、
平均より少し多めに働いて、少しすくなめに
お金を使う。
こうすることで、自然と沢山のお金が手元に残っていきます。




よろしければ読者登録をお願いいたします!