ブログ「ヨガとシンプルライフ」のみうさんの著書。

手元に届いたので、早速読みました。



 

私が、ブログ「ヨガとシンプルライフ」の

みうさんのことを知ったのは、去年のこと。

ブログ村のミニマリストのカテゴリーで、

興味深く読んだことが最初でした。

その当時は、私は、まだ会社員をしており、

「なんだか、ヨガっていいなー」

そんな漠然とした憧れのようなものがありました。

私は、当時、毎日の生活が慌ただしく、

体は、バキバキ。そして、常に何かをしているか、

考えごとをしていて、私も、いつか心穏やかにヨガとかしたい。

そんな感じでした。

 ヨガとの出会い


そして、昨年、自分の本当の気持ちに正直に生きていこうと決め、

会社を退職してから、始めたことは、

「スポーツジムに通うこと」でした。

なんとなく、大学を卒業して、今まで走り抜けてきた自分に

優しくしてあげたい。

心と体をリフレッシュさせてあげたい。

そんな気持ちでした。

そして、そのジムで、「ヨガ」との出会いがあります。

関連記事:ヨガを始めて3ヶ月。「私、頑張ってる」と自分を褒めてあげることが出来るようなりました。

頑張らないことの大切さ


私は、ヨガって、ストレッチの強力版だと思っていたのですが、

そうではなくて、まずは、今の自分に向き合ってあげること。

そして、心の波風を落ち着かせることが、大切なんだと感じました。

その延長線上に、ヨガのポーズがあるのですが、

その時も、「自分と戦わない」「周りの人に合わせようとしない」

心穏やかに、「頑張らない」ことの大切さを学びました。

日本人って、「頑張ろう、頑張ろう」とします。

「頑張ろう」とすることは、案外、簡単で、

みんな頑張ってるから、私も頑張るのは当たり前。

でも、「頑張らない」って、意外と難しいものです。

眉間にシワを寄せず、奥歯を噛み締めない。

今の自分を感じる。

そういう感覚って、正直、生まれて初めてだなーと感じました。

私は、今まで、「頑張って、頑張って」そうやって生きてきました。

だから、ヨガの時間、「無」になることって、

どんなヨガのポーズより難しいです。

ついつい、「あー、家に帰ったら、アレをしないと」

「あー、アレもしないと」心がザワザワしてしまいます。

【本】ヨガとシンプルライフを読んで


著者のみうさんも、ヨガと出会うまで、

ストレスでいっぱいの毎日を過ごされていたそうです。

でも、ヨガと出会ってから、生活が徐々に変わっていきます。

そして、現在では、ヨガのインストラクターとして

働かれています。

なので、それまでの経緯や、シンプルライフをおくる

みうさんから見た視点は、とても新鮮です。

個人的に、ファッションやアクセサリーで着飾った姿より

シンプルな格好でも、適度についた筋肉や

凛とした姿勢である方が、素敵で輝いて見えることに、

とても共感しました。

ヨガを続けたい理由


先日、大好きなヨガの先生が辞めてしまいました。

でも、ヨガは、これからも続けていきたいと思っています。

それは、やはり、「軽やかな生活」と「心のデトックス」のため。

「軽やかな生活」とは、物質的にモノが少ないということもありますが、

自分自身の体力と柔軟性がないと、体が疲れやすくなってしまいます。

だから、適度な筋力とバランスのとれた体でいることは

大切だと思っています。

そして、ヨガを通して、日々、ザワザワしてしまう自分の心を

穏やかにしてあげたい。

やはり、それは、自分で気をつけてあげないといけないことだと

私は、感じています。

今回、【本】ヨガとシンプルライフを読んで、

改めて、ヨガを続けていきたいと思いました。

よろしければ読者登録をお願いいたします!