モノが多い部屋って、自分で勝手に、
モノが歩いてきたわけじゃなくて、
その部屋の住人が、どこかしらから、持ってきたモノが
そこに、たたずんでいるからモノで溢れているのです。

モノが増えていくシステム



例えば、既に靴を10足持っているのに、
ショッピングセンターを歩いていたら、
セールをやっていて、好みの靴を発見。

これは、「買い」だと思って、買って帰る。

ということは、所持している靴が10足から11足に
なったということです。

靴箱の収納が、多ければ、
そこにしまってしまえば、大した問題にならないでしょう。

ただ、靴箱の収納が、小さい場合は、
100円ショップなどに行って、便利グッツを駆使して、
工夫して収納する技術が必要になります。

そもそも11足も靴が必要なのか



私は、最大20足近い靴を持っていたことがあります。
当時は、靴箱には、入りきらなくて、玄関のたたき部分にまで
靴が溢れていまいした。

でも、20足の靴を履きこなせていたかと聞かれたら、
答えは、完全に「ノー」です。

実際に履いていたのは、玄関のたたき部分に転がっていた
3足〜4足程度。

そして、靴箱を開いては、「あー、こんな靴も持っていたなー」
そんな感じでした。

ならば、捨てればいいじゃないかと思うのだけど、
当時の私は、「捨てるわけにはいかない」
いつか履くかもしれないでしょ。

そして、また、ショッピングセンターを歩いている時に、
セールの靴を見つけては、数を増やしていました。

人間が管理できるタスクは7つ



clothes-hangers-582212_640

以前、テレビ番組で脳科学者の中野信子さんが、
人間が管理できるタスク(物事)は、7つまでということを
話しておられました。

関連記事:【ビビットの感想】モノが少ないと、自分がやりたいことがシンプルに見えてくる。

確かに、自分が持っている夏服のトップスが7枚を超えると、
パッと、思い出すことが出来なくなってきます。

私は、個人的に、パッと思い出すことができない服や靴は
レギュラーではないと思います。

収納ケースを見て、初めて、その存在を思い出す。
このレベルのモノは、大して気に入っていないのです。

だから、本当は、手放してあげた方が良いのです。

モノが増える最大の原因は「買い増し」



人間が管理できるのは7つまでなので、
7つを超える「買い増し」は、管理できないものを
増やしていくことになっていきます。

だから、「買い増し」ではなくて「買い替え」
7つを超える部分は、増やすのではなくて、
一番不要だと感じるものを手放す。

これが手持ちのモノが全てレギュラーで、
自分自身も管理、把握ができる数なんだと、私は思います。


よろしければ読者登録をお願いいたします!