holiday-house-177401_640

以前記事でも書いた、家を買おうと考えていた友人が、
遂に、家を購入していました。

関連記事:子供が中学生になっても家買わないの?と聞かれたので☆

どんな家を購入したのか


やっぱり、上の子が、今年、中学生になる4月を目標に
家探しをしたらしく、新しい家に引っ越してきて、
4か月程と、本当に最近のことといった感じの話です。

友人が購入したのは、福岡の郊外で、
とても便利の良い、閑静な住宅街といった所。

建物は、築20年の木造住宅で、駐車場が2台。
外観は、まだ新しく落ち着いた雰囲気でした。

内装は、フルリフォーム済みで、水周り(キッチン、バス、トイレ)は
全て新品が入っていました。

そして、床、壁、天井、ドアも最近の仕様になっており、
室内だけ見ると、本当に新築同様といった感じでした。

間取りは、4LDKの2階建。

以前の住民は、夫婦共に高齢になったため、
家を手放して、便利の良いマンションに引っ越したという物件。

これで、土地建物込み2,400万円だったそうです。

家を買う時は無理をしない


4年ほど前、友人は、新築建売を買おうとしていた時があります。

その時の、価格は3,500万円。

「どうしようか、悩んでいるんだよね」と
連絡を貰ったことがありました。

その時、私は、友人のことを思って、
「本当に無理しない方がいいよ」ということくらいしかできませんでした。

結局、友人は、その物件を買わず、
今回、中古物件を購入しました。

友人は、バリバリ共働きをしたいタイプではなく、
出来れば働きなくないというタイプなので、
今回、お手頃な物件を選んで良かったと思います。

35年ローンを支払っていく


そうは言っても、これから、友人は、毎月5万円の
35年ローンを支払っていくそうです。


友人のご主人も、35歳なので、完済する時は70歳。
この頃、時代がどうなっているのか、
それは、誰にも分かりません。

この家の元々の住民のように、便利の良いマンションのようなものに
買い替えをするのが主流になっているのでしょうか。


それも、その時になってみないと分かりません。

無理して不動産を買わない方が良い


ただ、一つだけ言いたいのは、
やっぱり、無理して不動産を買わない方が良いということ。

現に、友人は、ご主人が、単身赴任をしており、
二重生活をしているため、生活費が足りず、
週3回、パートをしています。

それも、早く辞めたいと言っていました。

住宅購入によって、人生が縛られるのは、
極力短い期間が良いと思うし、友人のように、
新築にこだわらず、中古も視野に入れて、
出来るだけ安く抑える工夫もあって良いと思います。


人生を大きく変える、不動産の購入。

ついつい、夢が広がりがちですが、
一番大切なのは、自分たちの人生であるということを
忘れてはいけないんだと私は思います。




よろしければ読者登録をお願いいたします!