aircraft-479772_640

先日、実家に帰省しておりまして、友人の体験談の話も

ある意味、面白くてゲラゲラ笑いながら聞きました。

ほんと、自分の失敗談もですが、他人の体験談も

時間が過ぎれば、笑い話になるものです。

ビジネスクラスで新婚旅行をした友人の体験記


私:ところで、新婚旅行どうだったのー?

友人:それがさ、シドニーに行ったんだけどさー、旦那がお金ないくせに
高級志向で、飛行機ビジネスクラスで行ったんだよ。

私:すごいじゃん!

友人:確かに良かったんだけどさ、ビジネスクラスって、
乗客10人くらいに2人のCAさんがスタンバイしてるのよ。

私:ほおほお。

友人:料理も良かったし、飲み物も良いんだけどさ、
なんかね、CAさんも乗客も英語が話せるていで来るわけよ。
旦那は仕事上、話せるんだけど、私は、完全に「・・・」なわけよ。

私:笑

独身時代の貯金を死守したい友人


友人:てかさ、旦那、本当に貯金がないんだよ。
給料安い割に、高級志向が強くてさ。
結局、新婚旅行の費用だって、私が出したんだよ。
絶対に残りの貯金は死守しないと!!

それを聞いて、これは私には無い感情だったなー。
だって、私も旦那も貯金ゼロから始めたからね。
世の中、色んな悩みがあるものです。

ビジネスクラスの体験談を聞いて感じたこと


私は、新婚旅行は、1年間二人でお金を貯めて、
エコノミークラスで、ハワイに行きました。

クマ体型の旦那は、飛行機の座席で少々狭そうにしていましたが、
初めての海外旅行、ものすごく楽しかった!と
今でも、「ハワイ良かったなー」と言っています。

私も、エコノミークラスで、ワイワイ言いながら
楽しかった思い出でいっぱいです。

高級志向について思う


最近、高級志向について思うことは、

お金が沢山あり過ぎて、使いきれないくらいの人のための

サービスなのだと感じます。

恐ろしい程の、お金を持っているのに

使うサービスが無いということは不幸なことです。

ただ、貯金も無いのに、高望みをして、

借金を作ってしまったり、お金の奴隷になってしまっては、

本末転倒なのだということ。

「身の丈」という言葉があるように、

お金が沢山ある人は、自分が納得するサービスを

そのお金で手に入れることは正しいことだと思います。

それなのに、先にサービスを手に入れて、

自分の身の丈ではない支払い請求に苦しむことは、

とても不幸なことです。

自分の身の程を、よく理解して、

身の丈の範囲で、工夫しながら楽しく生きる。

それが、幸せな人生に繋がっていくのだと

私は、思います。


よろしければ読者登録をお願いいたします!