先日、ケンミンショーという番組で、

秋田県の街頭を歩いていた女性が、美魔女すぎて、

凄かったです。

とても70歳には見えない女性


こちらの女性、なんと70歳!!

とても70歳になんて見えません。

IMG 1800

インタビューで「何か秘訣があるんですか?」と聞かれると、

女性は「何もしてません」と回答。

何だか、美人女優さんも同じようなことを言っていた記憶があります。

IMG 1801

強いて言えば、「家に引っ込んでないで、どんどん外に出ていきます」と

言われていました。

IMG 1802

私も、こんな70歳になりたいと感じました。

美人女優の美の秘訣「何もしていません」は、案外本当のことだと思う


テレビなどで、美人女優さんが、インタビューで、

「美の秘訣は?」と聞かれていることを見ることがあります。

その度に、美人女優は「何もしていません」とか、

「水で顔を洗っているだけです」と言っている姿を見かけます。

それか、何かの商品アピールをしている場合、

「コレを使っています」と言う姿だったり・・

正直、素人の私は、何が正しいのかすら、

分からなくなってしまいます。

唯一、言えることは、美人女優さんが、

「コレを使っています」と言っている姿を見て、

自分も美人女優さんみたいになりたいと思って、

それを使ったとしても、私は、美人女優さんにはなれないということ。

素人の美魔女が言うことは信ぴょう性を感じる


でも、この70歳の美魔女さんが、「何もしていない」ということは、

信ぴょう性を感じます。

独身の頃、せっせとスキンケアをしている私の隣で、

何もスキンケアをしていない友人の方が肌が綺麗だった経験は

1度や2度ではありません。

肌にとって一番良いことは「何もしないこと」


しっかりメイクをクレンジングで落として、洗顔フォームで

さらに洗って、化粧水、乳液、美容液を塗る。

それは、肌本来のちからを失わせてしまうことなのです。

宇津木先生の本を読むと、長年、私は間違っていたんだと

思い知らされます。

「ワセリン」一本で、美肌を手に入れる


洗顔のあと、化粧水、乳液、美容液がないなんて生きていけないと

思っていた私でさえ、今は「ワセリン」があればいい状態になっています。

確かに、まだ小学生の頃の肌にはなれていませんが、

独身の頃と比べたら、今の状態の方が断然良い状態です。

そして、何より、顔の肌も生きているんだと実感します。

昔は、キメなんて一切なくて、ボロボロの肌に、

美容液などで、テカテカと綺麗に見せていただけなんだと分かります。

肌には、極力何もしない。これが一番。

そして、乾燥が気になる時だけ、薄くワセリンを塗る。

これが、習慣になると、美容費は格段に安くなり、

美肌を手に入れることができます。

美肌の人は「何もしていない」これは、案外本当のことなんだと

私は思います。



よろしければ読者登録をお願いいたします!