NHKの番組で、「団塊スタイル」という番組をたまたま見ました。

なんとなく、老後の節約術という言葉が気になったからです。

特技を生かして節約


その番組に80歳のおじいさんが登場します。

年金は、月8万円。貯金は、ほとんどありません。

「その中で愉快な生活をするためにどうすればいいか」

おじいさんなりの生き方が紹介されます。
2016-08-19 17.07.17

おじいさんの趣味は日曜大工。

その趣味を生かして、夏場のクーラー代の節約に取り組みます。

当初、おじいさんの部屋のエアコンは寝室と書斎

約8畳を冷やしていました。

2016-08-19 17.15.37

なので、寝室と書斎の間にアコーディオンカーテンを自分で

取り付けて部屋を分断します。

製作費用は1万円だったそうです。
2016-08-19 17.14.33

その節電効果は・・

7月と8月合わせて、約6,000円の節約。

2016-08-19 17.17.17

お金は楽しむために使うもの


この他にも、独自のアイディアで

部屋全ての電化製品を寝たままで操作できるように

枕元にスイッチを集約して節電に取り組んだり、

自炊の材料を、業務スーパーの冷凍野菜にして

工夫したりと、そのおじいさんの姿は、

節約を楽しんでいるように見えました。

おじいさんは、その節約生活のおかげで、

欲しかったものを買うことができたそうです。

それは、電子ピアノ15,000円だったそうです。

2016-08-19 17.35.08

おじいさんは、高齢者の歌のサークルに参加しています。

歌うだけでなく、ピアノの弾き語りができたら楽しいと

考えたそうです。

でも、ピアノは全然やったことがないので、

音楽教室に通いだしたそうです。

その月謝は6,500円。

2016-08-19 17.01.07

2016-08-19 17.01.43

そして、おじいさんの最後の言葉が、

とても印象的でした。その言葉とは・・

「やっぱりね、お金は楽しむために使うものだと思うんだよね」

2016-08-19 17.01.57

私は、ほんと、ごもっともだと思いました。

80歳のおじいさんが少ない収入で

楽しく節約をして、やりたいことにお金を使っている姿は、

素敵だなと感じました。


よろしければ読者登録をお願いいたします!