私の視力は、0.1以下。
メガネかコンタクトレンズがないと生活出来ません。

中学生の時に、視力がガタッと落ちてから
ずっとコンタクトレンズを使っていました。

なので、コンタクトレンズ使用歴は、約20年( ̄▽ ̄)

■目次
 ▶コンタクトレンズの経歴
 ▶使い捨てではないコンタクトレンズ
 ▶使い捨てコンタクトレンズ(2週間タイプ)
 ▶使い捨てコンタクトレンズ(ワンデータイプ)
 ▶コンタクトレンズの維持費って、地味に高い
 ▶メガネでの生活
 ▶新しいメガネについて
 ▶メガネ通販を上手く利用する
 

■コンタクトレンズの経歴



ソフトレンズ

ハードレンズ

ソフトレンズ(2週間タイプ)

ソフトレンズ(ワンデータイプ)

ソフトレンズ(2週間タイプ)
と言った感じです。

■使い捨てではないコンタクトレンズ



ソフトレンズ・ハードレンズは、最初に
ちょっとお高めなレンズ代を支払った後は、
洗浄液の維持費がかかります。

レンズは、本当にピンキリで
3,000円~30,000円といった感じ。

■使い捨てコンタクトレンズ(2週間タイプ)



ソフトレンズ(2週間タイプ)は、
6枚入り(3か月分)の両目なので
2箱購入+洗浄液の維持費といった感じです。

年間にすると、
(1箱)2,300円×(両目)2×4回(←1箱3ヶ月分なので)
=18,400円

これに、洗浄液の維持費1か月700円×12か月=8,400円
18,400+8,400=26,800円

昔は、眼科に行って、診察してからでないと、
コンタクトレンズって購入できませんでしたが、
今の時代って、Amazonや楽天でも、
安価でコンタクトレンズを
買うことができるんですね。




■使い捨てコンタクトレンズ(ワンデータイプ)



ソフトレンズ(ワンデータイプ)は、
30枚入り(1か月分)。

年間にすると、
(1箱)2,000円×(両目)2×12か月=48,000円



■コンタクトレンズの維持費って、地味に高い



これは、レンズの種類・価格に大きく左右されますが
私の場合だと、こんな感じでした。

こうやって、改めて計算してみると
結構、維持費がかかってるな~と思います。

■メガネでの生活



そんなコンタクトレンズですが、
出産した後、息子に、夜泣きで起こされて
一緒に昼寝をする生活をしていたら
すっかりメガネ生活が定着してしまい
今は、メガネで過ごしています。


それまでメガネはサブとしての存在しかなかったので
7,000円程のものをコンタクトレンズをしていない時に
かけると言ったレベルでした。

しかし、ガッツリメガネ生活をしていると
枝の部分のメッキが剥がれてきてしまい
半年程前に、新しいメガネを購入しました。

■新しいメガネについて



今かけているメガネはコチラ。
Fotor_142296278621988

Fotor_142296272495522

飽きが来ないシンプルなもの。

でも、ブランドもので日本製。
お値段は、まあまあしましたが
(3万円ちょっと)

ガッツリメガネ生活2年を経てだったので
それと比べたら、安いものかと思ったりもします。

そして、やっぱり、7,000円のメガネより
しっかりしていて、かけ心地が良いです。

よく考えてみたら、私の場合、
一日のほとんどをパソコンとにらめっこしている上に
ドライアイ。メガネ生活の方が合っているのかもしれない。

そんなこんなで、これからは、
メガネが似合う女性を目指して
素敵になっていきたいなぁ~。
なんて思っています(^^)/


■メガネ通販を上手く利用する



高いメガネも良いけど、今は、安価で
良質なメガネをネット通販で購入することができます。


JIN's オンラインショップでは、
フレームは、4,900円〜。
レンズは、どんな度数でもレンズの追加料金は¥0。
さらに、送料無料・返品OK!

今は、自宅にいながらメガネが手に入る時代なのですね。
良い時代になりました。


お近くのJIN's店舗もJIN's オンラインショップから、
検索することができます。

これを機に、おしゃれなメガネを作ってみては、
いかがでしょうか^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!