昨日の記事に
お返事をいただきました。

(メールアドレスがなかったので、こちらに書かさせていただきます)

ちなみに、昨日の記事は
こちら↓


お返事を書いていただき、ありがとうございます。

ハピコさんの、
『本当に興味があることって
頑張って「やらなければいけない」ものじゃないんです。
自然と、そうしたくなる
それが、本当の意味での
「興味がある」ということなのです。』
という言葉がとても印象に残りました。

その資格で勉強することの一部分には確かに興味があり、
勉強以上にのめり込んでしまい、
時間がすぐに過ぎてしまいます。

また、テキストを読むことはとても楽しかったり、
一問一答などの覚えたら簡単に解ける問題を解くのは楽しいです。

でも、過去問の言い回し、難しい言葉遣いがとても苦手なんです。
興味があることでも苦手なことは、慣れるまで続ければ、得意になれるのでしょうか。

ハピコさんはどのようにお考えでしょうか。
よろしければ、お返事をいただけると嬉しいです。


■資格試験



そもそも、資格試験って
みんなを合格させないためのものなんです。


どういうことかというと・・
大体、その資格には
合格率が決まっていて
程々の人が合格できるように
振るいをかけるためのものなんです。

■引っ掛けることが目的



だから、試験を作る人は、
程よく不合格者を出すために
程よい引っ掛け問題を作ることに
重きを置いているのです。


資格試験なんて
そんなものです。

■資格は一生もの



でも、ほとんどの資格は
一度取得すると
一生ものになるんです。


確かに、資格を取得するときは
理不尽でいっぱいになるんですが、
その努力の成果は一生続きます。

■一生の財産



メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉
こんなことが書いてあります。

努力の苦しみは一瞬で終わるが、
努力の成果は一生続く。


(略)

今この瞬間を耐えれば、
その苦しみはすぐ過ぎ去るが、
その一瞬を積み上げることで
得たものはあなたの一生の財産となる。




■まとめ<過去問をひたすらやる>



昨日の記事の最後にも書いたのですが・・

その資格が自分には絶対に必要だと感じるならば
ひたすら過去問をやること。


資格試験の勉強が好きな人なんて
そんなに多くいるわけじゃないんです。

でも、資格を取得すれば
一生、精神的にも物理的にも
助けてもらえます。


だから、参考書よりも「過去問」

「リバウンドを制するものが試合を制する」
(スラムダンクより)

これと同じように
「過去問を制するものが試験を制します」

言い回しや、難しい言葉遣い
本当に嫌らしいですが
そういうものだと覚悟を決めて
ひたすら過去問をやる。


資格試験なんて、そんなもんです。
頑張ってください!

▽いつも応援ポチありがとうございます▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」





よろしければ読者登録をお願いいたします!