りんごの入浴剤さんより
メッセージをいただきました!


初めまして。突然のメール失礼します。
私は現在28歳、3つ上の男性と7年付き合い結婚しました。
1年同棲し、同棲中は生活費は折半でした。

しかし…結婚した今も(お義母さんからも言ってもらいましたが)主人は財布を一緒にしてくれません。収入も知りません。

結婚前から互いの希望で私は扶養内の103万で働いています。
同棲時は私もフルで働いていたのですが家計を上手く回せず、
超過してしまう分は自分の負担として内緒で借金を作っていました。

私が車を持っていて今では二人で使用していますが
車検代も「高いね!」くらいで協力はしてくれず。

結婚式に招待されることも多くなり、
食費が足りない、病院行きたい、
税金払わなきゃなどお金が必要になることばかりで
借金はあっという間に膨れ上がってしまいました。

今では私がパートになってしまったので、
さらに借金を増やすばかり。

主人には何度か相談しましたが取り合ってくれません。
何故家計が回っていると思っているのか、
私が「毎月赤字なんだけど」と話しているにも関わらず、
それをどうやって埋めているのか不思議に思わないんだろうかなど理解に苦しみます。

食費や光熱費の一部、
主人が「これは俺の収入じゃ払えないから負担して」と言われたものは私が払っています。
にも関わらず主人は主人で貯金はしているそうですが、
飲みに誘われたら必ず行くし、タクシーで帰ってくるし。

私はこれ以上借金を増やすわけにはいかないと本当に危険を感じ、
たまに「野菜とか買いたいから千円位くれませんか」などまるで恵んでもらっている状態です。

周りには気前はいい主人ですが「物はいいから生活費ください…」と言いたいです。
昨日も家計の管理の仕方を相談したのですが、不機嫌になるばかり。

離婚した方がいいのかなとまで思ってしまいました。
子どもも欲しいですし互いの両親からも色々言われてはいますが、
今のような経済状態では無理なので財布がひとつになるまでは妊活はやめておこうと私ひとりで決めたところです。

毎日お金のことが頭から離れず泣きたくなります。
とりあえずパートを103万から130万に変更してもらおうかと思っています。

私がフルで働ければいいのですが、ヘルニアを抱えてしまい制限が必要なのです。
とても重い相談とは承知しておりますが、
少しでも改善すればと思いご相談させていただきました。


■第一歩を認めてあげる。



りんごの入浴剤さん、
メッセージありがとうございます!

このメッセージを送るにあたって
勇気を出したこと。


まずは、それを
「凄いね!」って
「私、幸せになりたいんだ」って思っている
第一歩を踏み出したことを
認めてあげてくださいね^^


■幸せになっていい存在



私は、メッセージを読んでいて
りんごの入浴剤さんは、
自分が幸せになっていい存在だと
認めていないんじゃないのかな?と感じました。

心のどこかで、

・本当は財布を一緒にしたいのに
・旦那さんと一緒にお金を楽しく貯めていきたいのに
・子供だって欲しいのに


私なんて・・

だってさ、旦那さんに相談しているのに
また聞いてくれなかった。
ほらねー、やっぱりって思っていませんか?

■幸せになる覚悟



これは、私の28歳の時の話なのですが、
まさに、私もりんごの入浴剤さんと
同じような状態だったんです。

その時、私は実姉に電話した時に
こういうことを言われました。

「ハピちゃん、ハピちゃんが、そんなに辛いんだったら
離婚してもいいんだよ。まだハピちゃんは若いんだし
いくらだってやり直しできるんだよ」


私は、この言葉を聞いた時
受話器を握りしめてオイオイ泣いたことがあります。

そして、その時、
私は、自分を幸せにしなきゃいけないんだ。
私には、幸せになる権利があるんだと思ったのです。


■作戦



なので、私は、まず家計簿をしっかりつけて、
現状を「数字」でしっかり見せることから始めました。

「お金がない」という言葉だけでは
男性はピンときません。


そして、りんごの入浴剤さんは、
もう借金があるとのことなので
そのことも包み隠さず全部話しましょう!!

■まとめ<どんな旦那さんになって欲しいのか>



・財布を一緒にしたいんですよね
・旦那さんと一緒にお金を楽しく貯めていきたいんですよね
・子供だって欲しいんですよね


それが明確に分かっているのなら
やることは、簡単です。

・全てを包み隠さず全部「数字」にして
旦那さんに見せること。

・財布を一緒にしたいと言うこと。

・楽しくお金を貯めていきたいと言うこと。

・子供も生んで楽しく一緒に生活したいと言うこと。


そのためには、りんごの入浴剤さんが
幸せになる覚悟を決めること。


そして「旦那さんなら出来る!」って
りんごの入浴剤さんが思うこと。


最初は、衝突があるかもしれません。
でも、りんごの入浴剤さんは
幸せになる権利があるんです。

絶対に大丈夫!
勇気を出してくださいね^^





よろしければ読者登録をお願いいたします!