一時期、ゴミ袋の節約に
物凄くハマっていたことがあります。

私が住んでいる地域のゴミ袋は
10リットル=10円
40リットル=42円


これ1枚の値段。

正直、以前住んでいた地域からすると
めちゃくちゃ高い・・

だから、いかにしてゴミ袋が節約できるか・・
チャレンジしたことがありました。

■小さいゴミ箱



まずはゴミを減らせないか・・
それに没頭したことがあります。

確かに、気を使っている時は
少し減らすことができていました。

なので調子に乗って
ゴミ箱を小さいものに変えたんです。


■フタが壊れる



しかし、ちょっとでも気を許すと
また元のゴミの量に・・

結局、住んでいるのは私だけじゃなくて
旦那や息子もいるので
全てをコントロールするのは
難しかったのです。


そうこうしているうちに、
無理やりゴミ箱のフタを閉めるものだから
フタのバネが壊れて
ボタンを押しても開かなくなりました。
(ボタンを押すと開くゴミ箱でした)

■節約の成果



私は、一連のことを通して感じたことがあります。

それは、週2回あるゴミ出しを
40リットル→30リットルに小さくすることができたとして
1回につき、約10円の節約

月にすると、ゴミ出しが8回〜9回なので
約10円×9回=約90円

1ヶ月、ゴミをいかに減らすか
頭いっぱいになって考えてイライラした成果が
100円以下。


■100円なんて一瞬



100円を、どう捉えるのか・・

それは、人によって様々かもしれないけれど
私の場合、息子が「50円のお菓子を買って」というのか
「150円のお菓子を買って」というのか

そのくらい些細な金額だなと。

血眼になってゴミの削減を考えた結果が
大量のストレス+100円という成果。


そして結果として、2000円で買った
小さめのゴミ箱が壊れるという結末。

■まとめ<40リットルのゴミ箱購入>



30リットルのゴミ箱のフタが壊れた時
私は「自分に無理してたな」と感じました。

そして、旦那と話し合った末
40リットルのゴミ箱を購入したわけです。

(今回、購入したゴミ箱)
IMG_2016




ちなみに、我が家のゴミ箱システムは、
キッチンに一つ。


あと、同じ大きさのゴミ箱がベランダに1つ。
これには、月に2回収集のある
ビン・缶・ペットボトルなどを
綺麗に洗って入れてあります。



なので室内のゴミ箱は1つだけ。
40リットルのゴミ箱が1つあれば
我が家は、大丈夫。
(つまり、適量なのだなと)

今回のゴミ箱問題で感じたのは、
「自分に無理をしないこと」

自分が無理をしないで
ストレスのない生活が
一番良いんだなと感じました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」




よろしければ読者登録をお願いいたします!