昨日は、久しぶりに家族3人で近くのイオンに行ってきました。

やはり、ショッピングセンターは、
魅力的なもので溢れています。

なので、自分基準が定まっていない時に
フラフラと出向いてしまうと、
気づけば、恐ろしいほどのお金を使って帰ることになります。

でも、自分基準ができて、
自分に必要なものとそうでないものの区別ができるようになれば、
沢山のお金を使わずに、ショッピングセンターを楽しむことが
できるようになります。


■世の中はハロウイン一色



ここ数年で、以前まで有名でもなんでもなかった
「ハロウイン」で、世の中は一色になります。

今では、保育園でもこの時期は、ハロウィン押しで、
保育室は、ハロウィンの飾り付けが沢山してあります。


そして、園児たちもハロウィンのグッツを
各々で作っているようで、息子もハロウィンのかぼちゃを
作って帰ってきました。

685097e4.g


上手に出来ていますよね。

■我が家も、ちょっとしたハロウィンパーティー






そんな世の中の流れで、息子もハロウィン大好きになり、
我が家も、ささやかながら、イオンでハロウィンパーティーを開催。

1f093ba3.g


息子は、嬉しそうにアイスを食べていました。

そして、大人たちも100円のマックコーヒーで
ほっこり。

■お金は使ってこそ意味が出てくる



「お金を貯めよう!」とすると、
「お金を使ってなるものか!」と
執着する気持ちが生まれます。

確かに、お金は使わなければ、減ることはないのですが、
自分たちが楽しく生きるためのお金まで、
使わないでいると、気持ちや生活にハリと潤いがなくなってしまいます。


だから、使うところは「使う」
使わないところは「使わない」


この使い分けが大切になってくるのです。

■まとめ



確かに、沢山のお金を使えば、グレードの高いものを
手に入れることができます。

でも、沢山のお金を、いつも使っていたら
そのお金を得るために、必要以上に努力をしなければなりません。

さらに、その沢山のお金が必要な生活をしていると、
常に、そのお金を得なければいけないという
プレッシャーが高くなってしまいます。


なので、沢山のお金がなくても、
幸せで楽しい時間を過ごすことができるようになることが、
心からの幸せに繋がっていく
のだと、私は思います。

よろしければ読者登録をお願いいたします!