FullSizeRender



今日のVoicyは
義実家に帰るのも
旦那さんと、自分の実家に帰るのも
憂鬱ですーーーというメッセージにお応えしてしています。




これね、よーーーーく分かります。




私も、憂鬱だった人。




結婚した当初は、
嫁たるもの
頑張って、合わせないといけない!




寄せて、寄せて
気を張って




「えーーーーーっ!?」って思うことでも
笑顔で対応。




頑張って
頑張って
自分を押し殺して




帰宅したら
どっと疲れが溢れ出る。




そんなことを繰り返していました。




そして、なんて
私はダメな人間なんだ。。




義実家に行きたくないなんて
人間のクズなんじゃないかと
自己嫌悪。




でも、世間一般的には
嫁たるもの
義実家へ行って
甲斐甲斐しく手伝いをするべきもの。



そう思っていました。



だけど、もう
本当に疲れたのです。




そして、思ったのです。




一人の人間として
義実家へ行きたいのか。



その答えは
行きたくないでした。




行かないという選択をすることで
必ず、影で色々言われるだろう。



それを思うと
心が締め付けられる思いがします。




「信じられない」
「あり得ない」




そんな言葉が
私の心をグサグサ刺すけど




それ以上に
数日かかりで義実家に行く方が
よっぽど、私にとっては辛いこと。




それが私の答えでした。




もちろん、そのことを
周りに盛大に伝えることをするんじゃなくて




今でも、

・母の日
・父の日
・バレンタイン
・お中元
・お歳暮


これらは、毎年送って
ホワイトデーに
お返しのお菓子が届いたら



明るくお礼の挨拶の
電話をかけたりしています。




義両親を、めちゃくちゃ嫌いというわけでは
全然ないんです。



ただ、長い時間
義実家に滞在して
気を使うのが、私には耐え難いのです。




そして、そんな気持ちを
旦那に、ちゃんと話して
納得してもらっています。




昔の旦那は
「そんなの絶対にあり得ない!」と
強い口調で言ったこともあったのですが




ちゃんと話を聞いてもらって
今の状況になっています。




私は、距離感って
大切だなって思うわけです。




ほんとは、そんなに嫌って
思ってなかったのに 



距離が近すぎて
もう、本当に嫌ってなることがあるように



人との間も
距離感って大切だなって思います。




私は、義両親と良好な関係を
これからも築きたいと思うから



たまに、息子の写真を
LINEで送ったりするくらいが
ちょうど良いなぁって思っています。




よろしければ読者登録をお願いいたします!