私は、幼稚園の年長さんの時
すでにサンタクロースはいないと分かっていました。


お遊戯室に
サンタの格好をした人が入ってきて


子供たちは、
「あー!サンタさんだぁー」って
駆け寄っていくのを見て


とんだ茶番だ・・


何が楽しいんだ。


小学4年くらいまで
サンタを信じていた友達がいたけど


逆に、そっちの方が
ビックリする。


そんな冷めた子供でした。


■茶番だと、やっと分かった



そんな冷めた子供だった私ですが、


この世界も、
とんだ茶番だったということに
最近、気づいて


40年近くの間
私は、一体、何をやっていたんだ・・


こうみょうに組み込まれた
プログラムを、


そうか、ここの部分も
茶番なのか・・


日々、自分の中で
分かっていくことがあって


なんとなく
年長さんのクリスマス会の時に感じた
孤独感のようなものが漂っているという。


あのサンタさんは、
サンタの格好をしているだけで
サンタさんはいないんだよ。


それを分かっているけど
そんなこと言える雰囲気じゃなくて


ただただ、その景色を
眺めている。


でも、気づいている人は
気づいている。


そんな人が1人でも増えたら良いなぁ。



▽人気ブログランキング▽

トップ 10 内にキープさせていただいてます!

読者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

面倒なこと お願いして申し訳ありませんが、

今日も応援 ポチッと、よろしく お願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


▽ご質問・メッセージは、こちらからどうぞ!▽





よろしければ読者登録をお願いいたします!