先日、高校の時の友人と
久しぶりに会いました。

高校を卒業して
もう18年。
(早いものです)

それでも、みんな
ほとんど変わってなくて
会えば、気持ちまで
高校時代に戻っていきます。


高校3年の時、
私は共学だけど、
理系クラスだったので、
男子30人、女子6人という
極端な感じだったのですが、
かえって、女子6人の方が
楽しかった記憶があります。

■ほんわり3人組



先日は、本当に久しぶりに
当時の6人が集まって
楽しい時間を過ごしました。

そして、最終的に
私を含めて3人が残り
カフェでお茶をしていました。

残った3人は、
みんな、ほんわりした性格で
まったりとした時間を過ごしていました。


■人から、何て言われているか。



その中で、ママ友との
コミュニケーションについての話になりました。

3人とも、ほんわりとした性格だから
キビキビしたママさん達から
影で、何て言われてるか気になるよね。


そんな話だったのですが、
私は、最近、
そういうことで
ほとんど悩まなくなりました。

それは、人の影口を言っている人は、
ほぼほぼ、私の影口も言っているのです。


もうね、
そういう人は、そういう性格なのです。

治そうと思っても
治るものではありません。

だから、そういう人とは、
自然と距離を置く。


これに限ります。

だって、どんなに頑張っても
どうせ言っているんだから。
それだったら、自分の耳に
影口を入れない。


解決方法は、これだけなのです。

■人から、どう思われているか。



そして「でもさ、人から、どう思われているか
気になるよね」

そんな話になりました。

私も、昔は、人にどんな風に思われているんだろうと
気になっていたことがありました。

でもさ、自分だって
人に対して色々な感情を持ちます。

それは、自分は、どんな風に思っても
自由でしょって感じるからです。


なのに、人に対しては、
どんな風に思われるのか・・

「あなたは、私の思うように
私を思いなさい」
って・・

それこそ、自分のエゴなんだなって・・

相手が、どう思おうと
それは、相手の自由なのです。


■挨拶をして、ご機嫌



だから、私は、挨拶をして
お礼を言って、ご機嫌で
過ごしていればいいんだと思っています。


それで、影口を言う人は、
どうやったって、
どうせ言うんだから。

■まとめ<気が合う人といる>



・周りの人のことは、
そんなに気にとめない。

・影口を言わない
気が合う人と一緒にいる。

・自分自身が影口を言わない。

・挨拶、お礼を言って
ご機嫌で過ごす。

・頑張りすぎないで
周りの人を頼る。


本当は、人間関係、苦手なのに
「私は、人間関係得意です」みたいに頑張るから
辛くなっていくんですよね。

それだったら、人間関係が苦手なことを
自分が認めてあげて
「頑張らない」

人生って長いようで
案外短い。

それだったら、自分が思ったように
楽しく生きればいいのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」




よろしければ読者登録をお願いいたします!