大阪旅行、最終日。


慣れない長距離移動と
人の多さに、ぐったり。


なのに、この疲労こんぱいの体で
列車を乗り継ぎ、
家路につかなければいけない。


正直、もう
あまり動きたくない。


私も、年を取ったものだ。
20代とは、やはり
少しずつ違ってきている。 


ここに、ドラえもんの
どこでもドアがあれば、
どんなにか楽だろう。


そんなことを、ぼんやり考えてはみるものの
実際問題、ドラえもんは存在しないし
どこでもドアも存在しない。


しかし、現代において
「宅配」というサービスならあるわけで。


IMG_6217


荷物の、ほとんどを
ダンボールに詰め、宅配サービスへ。

・旦那の職場へのお土産
・ご近所さんへのお土産
・衣類

これだけでも、自分たちで
持って帰らないでも良いというだけで
心が晴れやかになる。


リュックの中身は、
ほぼ、すっからかん。


このサービスを利用するにあたって

・箱代:500円
・送料:1800円


どこでもドアは、存在しないけど
お金というアイテムで、
荷物を運ぶという重労働からの解放。


なので、行きより
さらに軽装になって
列車の中では、ほぼ爆睡。


帰りは、ほぼ疲れることなく
無事、帰宅して、

翌日の午前中に
荷物が到着。


これまでの旅行は、車で行っていたけど
列車の旅も、上手にやれば
なかなか良いものだなと感じました。




▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

よろしければ読者登録をお願いいたします!