サンキュ!9月号に
家計再生コンサルタントの横山光昭さんと
消費生活アドバイザーの丸山晴美さんの対談がありました。

この対談は、家計管理のそもそもの部分で
とても興味深いなと感じました。




■いくら貯めれば良いのか?



よく「いくらお金があれば、この先も安心して
生活できますか?」という質問をされますが、
お金があれば不安が解消されると考えること自体がおかしい。

その発想では、いくらお金があっても、
不安を解消されません。

重要なのは、世間で言われている
「子ども1人を育てるのに1000万円かかる」や
「老後資金は3000万円は必要」などの数字に振り回されないこと。

自分の家に本当に必要な金額がわかれば、
世間の数字は関係ありません。

必要な額が、すでに貯まっていたら安心できるし、
たりなければ、その分をこれから貯めればいいだけです。


■必要な額が貯まってたら、安心していい。



私は、この対談を読んで、
必要な額が貯まっていたら、
安心していい
と書かれていたことが、
なぜか、目から鱗でした。

必要な金額は、その人によって違います。

でも、その必要な額が貯まったからといって
なんだか安心することは許されないような・・


そんな感じがしていたのです。

■果ての見えないゴール



テレビで見るような
きらびやかなお金持ちを見ると、
どこまでも、お金が必要な気がしてきます。

でも、あのきらびやかな生活を維持するためには、
果ての見えないゴールに向かって
走り出す必要があります。


■どんな暮らしをしたいか



結局「自分は、どんな暮らしをしたいのか」
これが、何より大切なんだなと。

それによって、貯めるべき金額も変わります。

そして、その貯めたお金を
どうやって使うのか。

そこに、自分軸がないと
いくら貯めても、いくらお金を使っても
満足することがないのです。


当たり前のことなんだけど、
現代の社会は、消費を煽るような構造であったり、
過剰に節約をさせようとして、
一番大切なことを見失いがちです。

「自分は、こんな暮らしをしたい」

このビジョンを明確にして、
過度に不安にならないで生きることが
大切なのです。

■お金があっても身の丈生活



そして感じることは、
以前記事で書いたのですが、
資産8500万円があっても、
身の丈生活をしている主婦のような生活が
私の行き着くところなのかなと感じます。




派手な生活をすることが幸せじゃなくて、
健康で、お金の不安がなくて、
のんびり幸せな生活。


全てにおいて、節約をしてケチるのではなくて
自分が使いたいと感じるところには
お金を使いつつ、
締めるところは締める。


そういう私らしい生活をしていきたいなと感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!


<人気記事セレクション>
1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」


よろしければ読者登録をお願いいたします!