FullSizeRender






↑LINEで、こんなメッセージを貰って


何だか、ビビビと来たので
私も映画「糸」を観に行ってきました。


映画館で、一人って
もしかしたら初めてかもしれない。





それでね、映画「糸」
もうね、めちゃくちゃ良かったです。


予告編で、榮倉奈々
絶対、しぬやーん。


悲しい映画なのかなぁって思っていたのですが
たしかに、悲しい涙も流れますが


それは、そういうタイミングだったんだなぁ。


悲しいんだけど、
全てが、上手いこと繋がっている。


ほんと、絶妙に。


私も、40年ほど生きてきて


今まで、出会ったきた人たちは
出会うべくして


出会うタイミングで出会って
何かしらの影響を受けて


それが、上手いこと
今の私に繋がっているなぁと感じます。



■偉い人にならなくても良い



個人的に、
榮倉奈々が、自分の娘に


偉い人にならなくて良いんだよ。
泣いている人がいたら
抱きしめてあげられる人になるんだよ。



こんな風なセリフがあるのですが、


今の私には、
この言葉が、ジーンと残りました。



この言葉も、巡り巡って
大切なシーンに繋がっていくんだけど、


私自身、
そういう愛のある人になりたいなぁと感じました。



■どんぐり




またまた、榮倉奈々の話なんだけど、
要所要所で、


面白がって
どんぐりを人に投げるんだけど、


これも、


小さな勇気を出して!


その小さな勇気が
人生を変えるんだよ!


そういうメッセージがあるなぁと感じました。



■無駄なものなんてない




結構、淡々と書いてみたけど
私、映画館で
一人、号泣でした(笑)


というか、一人で観に行ったから
あんなに泣けたのかも。


もう少しで、
嗚咽を出して泣くところでした(笑)


生きている中で
無駄なものなんて
本当は1つもない。


手痛い失敗も、
辛い経験も、経験の1つ。


ただ、勇気を出して
行動をした時、


人生は、また1歩動き出すんだなと。


なにも、行動しないなら
それは、いつもの毎日なんだなと。


素敵な映画でしたー。



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 


▽ご質問・メッセージは、こちらからどうぞ!


 

よろしければ読者登録をお願いいたします!