死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉
こんなことが書いてありました。

自分の葬式に何人参列してくれるかが、
自分の価値だとビクビクしているキミへ。

友だちの数を増やすのをやめると、嘘のように人生が楽になる。
友人関係とは、量ではなくて、質が大切だよ。

正直、私自身、特に結婚する前までは、
友人は一人でも多い方が良いに決まっている教の信者だったので、
友達に遊びに誘われたら、出来る限り行くようにして、
女子会も、余程の事がない限り参加していました。

そのおかげで、ハピコは、誘ったら来てくれるノリがいいヤツという印象を与えることが出来て、
「毎回、お誘いがくる」これが何とも嬉しい。
そんな感じでした。

その努力のかいもあって、私の結婚式は、
私の友人だけで20名。

私には、こんなに沢山の友達がいるんだ。
それが嬉しい。

でも、その分、参列してきた友人の結婚式も沢山。
費やしてきた、時間もお金も沢山でした。

一時期は、mixiやfacebookの友達も多い方が良いに決まっている病も
発病していたので、今、考えると、多分それだけで結構なストレスでした。

そんな、友達が多くないといけない病も最近では、随分落ち着いてきていて、
「友だちの数を増やすのをやめると、嘘のように人生が楽になる」という
文章を読んだとき、心が救われる、そんな気分がしました。

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉の中には
「親友は、生涯で一人いれば御の字」ということも書いてあって、
もう無理に友達を増やそうと努力しなくてもいいさ。
そう思えたとき、正直、気持ちが楽になりました。

自分の葬式に何人参列してくれるかが、
自分の価値ではなくて、自分が、どれだけ自分の人生で
やりたいと思ったことを、勇気を出してやることが出来たか?

これが、自分の価値なのだと私は思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄

よろしければ読者登録をお願いいたします!