いつも私のブログを読んで頂いている方は、薄々、気づいているかもしれませんが、
私は、極力、界面活性剤(洗剤などに含まれる成分)を使わないで生活したいと思っている節があります。

例えば、食器洗いは、余程でない限り洗剤は使わなくても汚れは落ちます。
詳細記事→【続】私流、食器洗い。人間、生きていくのに多くのモノは必要ではない。

歯磨き粉も使っていません。
詳細記事→気づけば私の洗面具は、ここまで少なくなったんだと改めて思いました。

朝の洗顔は、水でサッと洗うだけ。洗顔料は使いません。
夜は、化粧をしていないし、お風呂に入ったついでに、少し顔を洗います。

そんな私ですが、実は2年程前から、湯シャン族なのです。
湯シャンとは、シャンプーやリンスを使わず、ぬるま水で頭を洗うことです。

学生~独身時代は、一日に朝・晩2回シャンプーをしたり、
ちょっと汗かいたかもと思う日は、一度に2回のシャンプーをしたりしていました。

完璧に汚れを落とすことが、最も健康に良いことだと思っていた私。
シャンプーをしないヤツは不潔そのものである。

そう信じていたので、現在、湯シャンで頭を洗っているということを
人に言うなんて出来ません。

でも、日本人のほぼ全ての人が使っているシャンプーには、
色々な成分が入っていて、ハゲの原因にもなるし、
頭の毛穴から知らず知らずのうちに、健康に良くない成分を
体内に吸収しています。

そんなこと言ったって、シャンプーをやめられるわけがない。
そう思う自分との戦いの末、私は、現在、ほぼ完全なる湯シャン族となっています。

シャンプーをやめると、髪が増える宇津木 龍一 (著)は、
シャンプー教の信者だった私に、強烈なインパクトを与えてくれました。



長い歴史で100年前という、ごくごく最近まで
シャンプーなんて存在していませんでした。

それなのに、昔の人達の写真を見ると、
黒々としたツヤのある髪の人が、ほとんどなのは、どうしてなのか。

髪がサラサラとなびくのは、干からびているから
こんな痛烈な言葉と共に、シャンプーが及ぼす影響を
分かりやすく書いてありました。

シャンプーはしなくても大丈夫である。
むしろ、しない方が良い。

それは、シャンプーの色々な成分が、老化を促進させるから。
できるだけ、若々しい姿でありたいと思うのならば、
シャンプーは、しない。

変な人だと思われたくないから、声を大にして周りの人には
言えないけれど、この真実を、少しでも多くの人に知って欲しい。

よろしければ読者登録をお願いいたします!