最近、「結局、最後は自分なんだ」と思うことがあります。

誰かが、助けてくれる。
何かが、助けてくれる。

確かに、誰かが、助けてくれる時もあります。
何かが、助けてくれる時もあります。

でも、結局、最後は「自分」

そう思うようになってきたのは、
沢山のモノを手放してきたから。

部屋に、モノが沢山あったときは、
モノに執着して、人に執着して、
「自分」という価値を低く、低くみていました。

でも、モノをドンドン手放して
最終的に残ってきたものって、
ほんとに、そんなに多くはなくて
「私って、そんなに沢山のモノが無くても大丈夫なんだ」
それは、自信にも繋がっていきました。

自分に、自信を持つ。
これは、人に執着して、依存することからも
徐々に解放されている気がします。

昔は、「お友達がいないと・・」
一人では、何も出来ない。

でも、今は、自分という軸が出来てきたので、
人に執着して、依存することがなくなってきました。

友達が、多いからって、幸せとは限りません。

人やモノに執着しないということは、
本当に、身軽で自由だなと思います。

私は、そうなれて、本当に良かったと思っています。

結局、最後は自分。
そうなるために、まずは、モノへの依存をやめるために、
使っていないものは、潔く手放していく。

人間、生きていくのに、
そんなに沢山のモノは必要ないんだよ。

もっと、身軽で自由に生きられたら
人生が、もっと輝きだすんだと
私は、思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。
にほんブログ村 家計管理・貯蓄

よろしければ読者登録をお願いいたします!