私は、今まで「お金を貸してほしい」と言われたことはありません。

自分自身は、結構お金に困った人生を歩んできたタイプの人間ですが、
今までに、そう言ったことを言われなかったということは、
人間関係には恵まれているのだと思います。

だた、もし今後「お金を貸してほしい」と言われるタイミングがあったら、
どうしたものかと考えてみました。

私のおじいちゃんは、昔、借金の連帯保証人になって
借りた人がいなくなってしまい、苦労したことがあるそうです。
(私が小学生の頃に亡くなってしまいましたが)

小学生の私に「連帯保証人になんかなるものではない」
そう言われても、ピンと来ないと印象しかありませんでした。

そんな中、私の親戚のおばさんの話ですが、
息子がギャンブルなどで借金(数百万円)をつくってしまい
自己破産寸前まで行ってしまったそうです。

親としては、何とかしないといけないと
お金をかき集めて、借金の返済をしてあげたそうです。

息子さんは、その後、改心して
就職し、結婚し、子供も出来ました。

「あー、このまま幸せな人生を歩むんだろうな」と
私も思っていたのですが、先日、また借金を
つくっていたことがバレ、離婚してしまったそうです。

私は、この話を聞いたとき、
おばさんは、良かれと思って借金を返済してあげたけれど、
結局、数百万円の借金を返済することの大変さを
息子さんは体験することがなかったので、
こんな悲しい結果になってしまったと感じました。

だから、私は、親子関係であっても
こういうたぐいの、お金の肩代わりや
お金の貸し借りは良くないと思います。

私は、最悪、自己破産しても良いと思っています。
それは、本当にお金の苦労は体験してみないと分からないからです。

もし、今後、友人などから「お金を貸してほしい」と
言われることがあったら、私は、数万円のお金を握らせて
「このお金は返さなくていいから、しっかり頑張るんだよ」
そう言ってあげようと思っています。

それが、本当にその人を大切にしてあげることだと思うからです。

私自身が、お金には結構苦労してきて、
それを乗り越えられたことは、私にとっては、
良い経験だったと感じているし、
お金を貸すことは出来ないけれど、
知識や体験を伝えることは出来ます。

そうやって、お金の苦労のある生活から
脱却して欲しい。

それが、私が出来ることなんだと思います。

よろしければ読者登録をお願いいたします!