部屋の中には、三種類のモノが混在しています。

その3つのモノとは・・

  1. 要るモノ

  2. 要らないモノ

  3. 捨てようか迷っているモノ


要るモノ


要るモノとは・・

  • 今、使っているもの

  • 1年以内に使うもの

  • それを見ると、心が嬉しい気持ちになるもの


要らないモノ


モノが多い部屋に、多いパターンが、

部屋にあるものは、全部「要るモノ」だと言い張ること。

でも、10年も前に買った流行遅れの服や、

デザインが気に入って買ったのは良いけれど、

実際、履いて出かけてみると足が痛くてたまらない靴。

どちらも、今は、使っていないけれど、

高かったから捨てるわけにはいかない。

でも、これは、本当は「要らないモノ」なのです。

捨てようか迷っているモノ


そして、「捨てようかな・・でもなー」

いつか使うかもしれないし、なんとなく勿体無いし、

捨てたらスッキリするんだろうけどなー。

こうやって、捨てようか迷っているモノ。

こういうモノは、結局捨てずにとっておいた所で、

また役に立つということはありません。

こういうモノは、「捨てる」

これが正解なのです。

私が、最近「捨てたモノ」


そんな私にも、捨てようか迷っているモノがありました。

それは、この子供用のプラスチック製の食器。
2016-08-17 15.28.33

プラスチック製の食器って、落としても割れないという

メリットがある反面、陶器の食器と比べて、

油汚れの落ちが悪く、明らかに子供用として作られているので、

他の食器と一緒に置いておくと異彩を放って、

正直、邪魔だなと感じていました。
食器棚
なので、ここ半年ほどの間、このプラスチックの食器を別の場所に置いていて、

これが無くても、息子が食事をできるだろうか実験をしていました。

結果「もう無くても絶対に大丈夫」

その実感が、やっと私の中で沸いてきました。

最近の息子は、この1年の間で、

物凄い成長を感じます。

お箸も上手に使えるようになったし、

食べこぼしも、ほとんどしません。

常に、部屋の中をアップデートしていく


私が、心がけていることは、

モノを増やしていかないで、

今あるものが、現状に合っているのか。

もし、合っていない場合は、

勇気を出して、手放したり、買い替えたりする。

これが大切だと感じています。

人は、日々、成長していくものです。

だから、それに合ったモノを、

常にアップデートしていく。

「買い増す」のではなく、「買い替える」

こうやって、モノが少ない部屋で、

シンプルで、身軽な生活をしていきたいと思います。

よろしければ読者登録をお願いいたします!