気づいたら数年前に「叶えたいと思っていた夢」が叶っていた。

私は、ココに引っ越して来る前は、

福岡に住んでいました。

当時の平日は、毎晩のように

残業続きで、旦那も夜勤があって

不規則。

私は、独身の延長線のような感じで

慌ただしい毎日を過ごしていました。

■とある日。

そんなバタバタの日々を

過ごしていたのですが、

ある日、ぽっかり

旦那と私、二人共が

平日休みになることがあったのです。

■なんて穏やかなんだ。

二人共が休みになる日は

当時、土日か、祝日程度だったので、

どこへ行っても人が多い。

そんな感じだったのですが、

その、たまたま申し合わせたように取れた

平日休み。

その時、何となく

近くのドトールコーヒーに行ったのです。

窓際の席に座って、

店内を見回すと、店内は人が少なくて、

その日は、とても天気の良い日でした。

■転勤したらさ。

その時は、旦那の転勤が

ほぼほぼ決まっていて、

何となく、

今の、この慌ただしい毎日を

一旦リセットできるのか・・

そこには、不安と共に

開放感と、嬉しさも

私の中にありました。

■私の夢。

そして、ドトールコーヒーを飲みながら、

私は、その時、胸の中に秘めていた

将来的な夢を語りました。

それは、旦那という大木(たいぼく)があって、

私は、その周りを、ふわりふわりと

自由に飛んでいたいんだよね。

■どういうことかと言うと。

旦那は、今の仕事に

それなりの誇りを持って

頑張っているので、

私は、それを応援するし、

そのうち、旦那の給料だけで

生活できるように頑張りたいということ。

そして、旦那という生活の基盤ができたら、

私は「自分が好きなこと」をして

パート程度のお金を稼いで、

余裕のある穏やかな楽しい生活がしたいなと。

それを語った時、旦那は

ハピコが、そうしたいんだったら

それが良いと思うよ。

「俺も協力するよ」

そう言ってくれたことが

とても嬉しかった思いがあります。

■自分が好きなこと

でも、当時は、「自分が好きなこと」というのは

全く思いつきませんでした。

ただ、旦那という

守られた存在があって、

その中で、自由に好きなことをやっている

そんな自分を想像した時

なんとも言えない

胸が熱くなる思いがありました。

■夢が叶っていた

で、なんとなく、この前

ふと、当時のことを思い出して

「あっ!私、夢叶えてるよ!」

それに気づいたのです。

私は、それに気づいた時

とっても嬉しくて・・

涙が溢れてきました。

数年前に、思い描いた夢を

実現させている私は、

なんて恵まれているんだろう。

そう思うと、嬉しくて

嬉しくて、感謝と共に

涙が流れました。

私は、幸せ者です。

▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪