ズボラな方が「楽に生きられる」と思う。

最近、思うことは

ズボラな方が、人生楽に生きられるということ。

どういうことかというと・・

私は、長らくの間、

・洗顔後は化粧水をして、乳液をして、

美容液をして、たまにはパックをして・・

他には、

・1日3食、しっかり食べないといけない!

そうやって、真面目に

ちゃんと生きていました。

でも、最近、もっとズボラに生きて

良かったんだと思うようになっています。

■基礎化粧

化粧品に依存すれば依存するほど

どんどん肌体力は落ちていきます。

お風呂上がりで、すでに

顔がカパカパするとか

それこそ、もはや肌体力が落ちている証拠なんだなと。

そうやって、肌体力を落としてしまうから

シミやシワができるんだと思うわけです。

■肌体力を上げる

時代と逆行するけれど、

肌体力を上げたければ

本当は、何もしない。

これが一番なんだと感じます。

本来の肌サイクルに戻すためには

基礎化粧もしない方がいい。

真面目に基礎化粧をやっている時より

今の方が、肌体力は上がっていると

よく思います。

(なんだ、もっとズボラで良かったんだ)

■1日3食

「残さず全部食べなさい」

よく聞く言葉だけど、

これって、相手の好き嫌いや

お腹いっぱいで食べられないと言う気持ちを

完全に無視して、

相手の胃袋をゴミ箱状態にしている行為なんだと感じます。

食べたくないのに食べさせられて

後で、満腹すぎて体が重たい。

これこそ、体にとっても悪影響な行為なのです。

そして、大してお腹も空いていないのに

12時だからと、昼の定食を食べる。

こういう習慣にするから

自分の胃袋より、社会の時間を優先させる。

こういう行為が、

自分の感情を感じなくなってしまうんだなと。

そして、気づいた頃には、

体にしっかり習慣が身についているから

その習慣を外すことに苦労するわけです。

■食べ過ぎは良くない

私は、最近、食べる量を

以前の半分くらいにしています。

でも、これでも普通に生活できるし

むしろ、体が軽くて、気持ちが明るくなっています。

先日、3日食べなきゃ、7割治る!という本を

読んだけれど、

やっぱり食べ過ぎは、体を壊す原因になります。

1日3食は、やっぱり食べ過ぎだったと感じます。

■まとめ<ズボラに生きていれば良かった>

別に、友人に化粧品は良くないから

やめた方がいいよとか

1日3食は食べ過ぎだから

やめた方がいいよとか

そんなことを言って回っているわけじゃありません。

ただ、私自身が

肌断食をして

1日1食を経験してみて

もっと早く気付いていれば良かったなぁ。

人生、もっと楽だっただろうなぁと感じる

ただそれだけ。

人の思い込みって

視野を狭くさせるんだなぁって感じるわけです。