【夢を叶える】自営の設計事務所で働いて良かったこと。

私は、大学を卒業した後

大手の住宅メーカーに勤めました。

その後も、いくつか転職したのですが

どれも、比較的大きな会社でした。

それは、大きな方が安定している

そう思ったから。

■小さな設計事務所

でも、旦那の転勤で

鳥取という田舎に引越しをして

再就職したのは、

小さな設計事務所でした。

従業員は、

・社長(70歳くらいのおじいさん)

・奥さん(経理をしていました)

・40歳くらいの男性従業員と

・私

これだけ小さいと

会社の収支が、ほとんど分かるわけで・・

どうやって、この小さな会社は

成り立っているのか、

どうやって運営しているのかが

手に取るように分かりました。

■自営業

その時、私は、

自営業というものを

人生で初めて、肌で感じたというか

やろうと思えば、

自分でも出来そうだ。

何となく、そう思うようになりました。

■1つのコマ

大きな会社に勤めている時は、

あまりにも規模が大きくて

他の人が、何をやっているとか

ほとんど分からず、

自分自身が、1つのコマでしかないという感じが

とても強かったのですが、

規模が小さいと、

全体像が分かって、

現実味を帯びてきた。

そんな感じがするようになりました。

■いい意味で洗脳

大きな会社に勤めている時は、

自分が自営業をするなんて

これっぽっちも思っていなかったけど

目の前で、小さな会社を運営している人を見て

いい意味で洗脳されて

今、思うと、

設計事務所で勤めたことで

考え方が、ガラリと変わったように思います。

■まとめ<周りの環境>

私の場合、たまたま

小さな設計事務所に勤めたわけですが

周りの環境で

考え方って、ずいぶんと変わるものです。

それは、当たり前のように

小さな会社を運営している人が目の前にいると

なんだ、そんな難しくないんだ。

私も出来そうかも。

人って、周りの環境でも

変わるんですよね!

だから、周りの環境って

めっちゃ大切。