スポンサーリンク

母というお代官様が、頭の中にいる。

幸せな生き方
スポンサーリンク

昨日、息子は小学校を
ズル休みしました。

2週間に1回くらいは
学校へ行きたくないという息子。

だけど、
「頑張れ!行っておいで」と言って
学校に行かせる私。

だけど、1ヶ月に1回くらいは
ズル休みを許可しています。

■私だって

私も、学校には行きたくなかった。

なんで、あんなつまらない授業を
何時間も座って聞かなければいけないのか。

いじめにあっていたこともあります。

だけど、私は
「学校に行きたくない」とは
1度も言ったことがありません。

それは、いつも自分のことで精一杯の母を
さらに困らせることだし

言ったところで
どうせ、行かなければならない羽目になる。

それなら、自分の心に嘘をつき続け
大人しく学校に行ったほうが良い。

そういう判断をし続け
どんどん我慢が当たり前になっていきました。 

■母というお代官様

だから、息子が「学校に行きたくない」という
気持ちは、よく分かる。

だけど、私の中の
母というお代官様が
「学校に行きなさい」と言う。

ちゃんとしなければいけない。

人より上回ることが素晴らしい。

休むなんて、もってのほか。

そう、頭の中の私が
叫ぶのです。

■もう疲れた

だけど、もう
ほとほと疲れたのです。

もう、良いじゃない。

母に認められたい。

それから、もう卒業しよう。

そう気持ちが、どんどん溶けてきた今
私は、徐々に、ギュッと握りしめた手を
開いています。

■ズル休みの息子

昨日は、そんなズル休みの息子と
母に電話をして

「あれ?学校じゃないの?」と
驚く母。

「ズル休みだよー」というと

「大丈夫なの?」と言う母。

そこで、一度聞いてみたかった
質問を母にしてみました。

「私、一度も休みたいって言ったことないじゃん」

「そうね、ハピコは優秀だったわ」

「だけど、私は、いつも学校に行きたくなかったんよ。
もし、私が学校行きたくないって言ったら、どうしてた?」

「そんなの分からないわよ。
お母さん、今でも自分にいっぱい、いっぱいよ」

「だけど、もしよ、もし、行きたくないって言ってたら?」

「行かせてただろうねぇ」

「やっぱりね・・」

私の中で、また1つ答えが見つかった気がしました。

■自分の人生は、自分のもの

私は、長らくの間
母のために生きていたように思います。

恥ずかしくない子。

立派な子。

優秀な子。

選ぶ基準は、いつも
凄いと思われる方。

だけど、もう、そういう人生を卒業しよう。

■気楽に生きる

良い成績を取り
良い学校へ行き
良い会社へ入り
良い役職になり
良い結婚をし
良い家を建て
ローンを返済するまで鎖に繋がれる。

その終わりの見えない
ラットレースから抜け出し

もっと気楽に自分らしく生きようと
あらためて思ったのでした。

今日も応援ポチッと、よろしくお願いいたします!
👇
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

<人気記事>

食器用スポンジは、良いものを長く。

最近、体調が良い理由。

年賀状、注文したよ。

\Voicyのご質問、募集しております/


IMG_3625

FullSizeRender