ずっと大切にしたいもの

少ないもので生活

やっぱり高くても上質なものを買った方が良い理由。