マーク

少ないモノでも工夫で生きる

「これで子供がバッグを間違わない」マークの付け方。