お金を使う時は、見られているからね。

私は、大学生の時

幾つかのバイトをしました。

その中に、3ヶ月間だけ、

ガソリンスタンドで

アルバイトをしたことがあります。

当時は、セルフのガソリンスタンドは少なくて、

なんとなく、ガソリンを給油するとか

カッコイイな・・

それに、ガソリンスタンドで

働いてる女性って、可愛いな・・

そんな単純な理由で始めました。

■ガソリンスタンドの仕事

「オーライ、オーライ、はいOKでーす」

そして、油種と量を聞いて

給油スタート。

その間に、ゴミが無いか聞いて、

窓拭きをして、給油が終わったら

「キャップOK」

精算をした後、

道路の交通誘導をして、

上手く、お客さんの車を誘導して

お見送りする。

■お客の対応を店員は見ている

この間、大体5分程度なのですが、

退店するときのお客さんの行動を

店員は、しっかりと見ているものです。

男性なら、「パッパッ」っとクラクションを鳴らしてくれたり、

女性なら、ハンドル操作をしながら

お辞儀をしてくれたりします。

私は、当時18歳とかだったのですが、

やはり、ちょっとしたことだけど

気遣いが嬉しいなと

心がジンワリした記憶があります。

■何もせず退店する人

そして、クラクションも鳴らさず

お辞儀もせずに、退店していく人も

たまにおられました。

別に、義務でもないし、

「そんな人もいるんだ」と感じたのですが、

私は、そういう人を見ると、

自分は、ちゃんと退店するとき

感謝の気持ちを現そうと感じていました。

■ちょっとしたこと

「軽く会釈をする」

これだけで、人の気持ちは、

全く違うものになります。

店員さんと言えど、相手は、

心を持った人間なのです。

気遣いが出来るか、

出来ないか・・

それは、案外、周りの人は見ているものです。

■徳を積むという考え方。

店員さんに限らず、

家族や友人、道ですれ違う人、

保育園の先生、保育園児、園児のお母さんに

親切に優しく接する。

これは、「徳を積む」ということ。

挨拶にしても、人を喜ばせるにしても、

それは、一つ一つが徳を積むという行為。

そして、人生が終わる時、

「自分は、どれだけの徳が積めただろうか」

それが、最終的には、

「人生の幸せ」に繋がっていきます。

だから、私は、そういう徳を積む人生を

歩みたいなと感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ