スポンサーリンク

「もし、お金が関係なかったら」どうしたいのかを考える。

スポンサーリンク

「もし、お金が関係なかったら」

普段の生活では、

如何にして稼ごう。

如何にして節約しよう。

そうやって、お金は、生活と隣り合わせ。

■悩むとき

私は、まだ会社員のとき、

「もし、お金が関係なかったら」

そんなことを考えていました。

その時、私の心に浮かんだイメージは、

旦那という大黒柱があって、

その周りを、蝶々のように

ヒラヒラと飛んでいました。

■お金が関係ないとき

「お金がなくなったら、どうしよう!」

この恐怖で、

本当の気持ちが見えづらくなります。

でも「もし、お金が関係ないとしたら」

こうやって、たまに自分の心に問いかけると

本当の気持ちが見えてくるものです。

■本当の気持ち

悩んでいるということは、

今の現状に、納得していないとか、

満足していないものです。

でも、その気持ちに、お金への恐怖心が

フタをしているだけ。

だから、フタを外して

中を覗いてみるのです。

「おーい。私の本当の気持ちやーい」

■ゴールは、心の中にある

周りの人が、ああだから。

あの人が、ああだから。

それが素敵に見えます。

でもね、自分の本当のゴールは、

自分の心の中にあります。

私は、旦那の周りを

蝶々のようにヒラヒラと

飛んでいたいように、

ゴールは、人それぞれです。

■ゴールに向かって進めばいい

最初は、そのゴールさえ見えないかもしれません。

でも、悩んでいるということは、

やっぱり、現状を変えたいと

思っているのです。

だから、暇さえあれば

「もし、お金が関係なかったら」

質問をしてみるのです。

そして、そのゴールが見えたら、

その方向に向かって進めばいいのです。

それは、勇気のいることかもしれません。

でも、失敗してもいいじゃないですか^^

失敗しても、命まで取られたりしませんから。

「人生、一度きり」

もっと、好きなように生きたらいいのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ