【洋服のゴール】高い服でもいい。安い服でもいい。

洋服

ファストファッションは、低価格で

もし汚れてしまっても、

泣き崩れるほど悲しくはならない。

でも、ファストファッションは、

低賃金で働いている人が、

その影にいるのだから

あまり買わない方が良い。

高い服は、高いだけあって

サービスが良かったり、

着心地が良い。

でも、高い服だって

ヘビロテで着ていると

さすがに飽きてくることだってあって

手放す時、心が引き裂かれそうになる。

■一長一短

自分が経験したことだったり

色々な本を読むことで、

高い服のメリット・デメリット

安い服のメリット・デメリット

知りました。

それらを知った後で、

私の中で最終的に芽生えた感情としては、

「高い服でもいい。安い服でもいい。」

■着ている人は、どんな表情?

ユニクロのCMが、

どうしてあんなに魅力的に感じるんだろう・・

ずっと疑問だったのですが、

私の中での答えとしては、

「着ている人がイキイキしているから」

たとえ1900円のフリースでも

それを着ている人が

自分に信念があって

それをイキイキとやっている姿が

魅力的に見えるわけです。

■どちらでも良い

お金持ちは、ファストファッションを

着てはいけないのでしょうか?

答えは「ノー」

お金持ちは、高い服でも、

安い服でも選ぶことができるんです。

お金があるということは、

選択できる「選択肢」が増える

ただ、それだけなんだなと。

■買う時、想像したトキメキ

IMG_2713

女性は、服を買う時

その服を着た自分を想像して

「この服を着れば、きっと素敵なことが起こるはず」

それを期待して服を買うことが多いものです。

私も、そうです。

ところで、実際、

その服を買う時に

想像したトキメキを今

経験しているのかな?

モノ頼みというか、

服頼みになっていないかな?

■笑顔で過ごせているか

結局は、高い服だろうと、

安い服だろうと、

そこは、本当は、あんまり関係ないんだなと。

それよりも、

その服を着ている自分が

笑顔で過ごせているのか。

そこが、一番大切なことで、

服が高いとか、安いとかは、

本当は、あんまり大切じゃないんだなと

最近、感じるようになりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ