【完璧主義な私】旦那の「上等よ」の言葉に、いつも救われる。

幸せな生き方

長らくの間、私は、自分という人間は

「完璧主義な人間」ではないと思っていたのですが・・

「私は、完璧主義だったんだ」

最近、気づきました。

■まだまだ星人

実は、どんなに頑張っても

心の中で、

「私なんて、まだまだ」

そう、心の中で思っていました。

「まだまだ」

「まだまだ」

ハッキリ言って

この「まだまだ」にゴールはないんです。

■旦那に報告する

「あのね、今日ね、こんな感じなんだ・・」

そうやって、旦那に話しかけると、

旦那は、たいてい、こういう返答をしてきます。

「上等よ!」

それだけ出来ていれば十分じゃないか。

よく頑張っているじゃないか。

■嬉しい

FTV7G9EPBU

私は、長らくの間、

自分に厳しく

「あぁ、こんなんじゃダメだ」

もっと頑張らないと。

もっと努力しないと。

そんなんだったから、

旦那の言葉が

とても嬉しいのです。

「そうか、もう上等なんだ」

■認める。認められる。

「認められる」っていうのが

私には、あまり経験がない。

そして、自分で自分を「認める」っていうのも

あまりしてきませんでした。

だから、気持ちが成仏しないんですね。

■まとめ<上等よ!>

どこまでも・・

どこまでも頑張ってしまう。

それが完璧主義。

でも、どこかのタイミングで

「上等よ!」って認めてあげる。

「よく頑張ったね!」って

認めてあげる。

これが人にとって

何より嬉しいことなんだなと感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」