4回の不妊治療でかかった費用。

医療費

先日、不妊治療のことを

記事に書きました。

結局、一旦中断することにしたわけですが、

1月〜4月の間で

計4回の人工授精をしておりました。

その4回で、かかった費用を

集計したので、ご紹介。

■1月・2月

A74BC075-BB24-47B7-9010-2E8F3B4402BA

1月9日に、3万円近い金額がありますが、

これは、一番最初にかかった費用。

夫婦二人共の様々な検査をするのにかかりました。

あと、1月20日と2月19日に

14,380円という金額がありますが、

これは人工授精をした費用。

その他に、3,000円前後の日には

腕に筋肉注射をしています。

■3月・4月

71C70689-F7BE-47D0-832B-06A07CF446D3

3月、4月も、ほぼ同様。

ルーティンのごとく

卵の様子を検査して、

腕に筋肉注射をして、

卵が育ってきたら、

人工授精をする。

この卵の育ち方が

月によって、まちまちなので

病院に通う回数が違う感じです。

■4ヶ月でかかった費用

1月は、56,150円

2月は、28,700円

3月は、25,100円

4月は、28,190円

合計で、138,140円

これだけの費用がかかったとしても

できなかったとしたら水の泡。

結局、できなかったわけで・・

一旦、中断することにしたわけですが

この段階で、何もやらなかったよりは

良かったと思っています。

■学んだこと

37歳という年齢の現在

やはり、子供ができにくくなっているという現実。

息子を妊娠した時より

年齢も増えている上に、

体重も、結構増加している。

これでは、やっぱり

結果は出にくいんだなと。

■助成金

あとは、地域によって

不妊治療には、助成金が出るところもあります。

私が住んでいる地域は、

人工授精にかかった費用の1/2を助成してくれるようです。

今度、市役所に行って

申請しようと思っています。

■まとめ<後悔はしていない>

助成金が戻ってくるとしても

今回の挑戦で10万円近いお金を使うことになりました。

確かに、結果は出なかったけれど

今の段階で、お金と医療の力を持ってしてできることが

大体分かりました。

「老化」と「体質の変化」

主な原因は、この2つなんだろうなと。

それが、今の段階で分かったこと

それだけでも、今回の挑戦には意味があったなと感じています。