「どんな風に生きるか」決めるのは自分。

私は、変に幼い時の記憶があるタイプの

人間でして・・

ふとした瞬間に

4歳とか、5歳の時の記憶が

頭の中でよみがえります。

■泣いて済むと・・

昨日、ふと思い出された記憶は

まだ4歳とか、5歳の時

2つ上の姉と兄弟げんかをした時

(どんな理由でケンカをしたのかは覚えていない)

当時、圧倒的な泣きべそだった私は、

いつものように、泣いていました。

すると、姉に

「泣いてすむと思わんとよ!」

そんな風に言われました。

その時、なんで泣いていることすら

ダメなのか?

幼い私には理解ができませんでした。

■母から

そして、姉は、母に

「ねぇ!お母さん、そうでしょ!」と言うと

母も、私に

「そうよ!泣いてすむもんじゃないのよ」

言いました。

まだ幼い私は、

この頃から、

もう自分の気持ちを

表に出すのはやめよう。

そう心に誓うようになっていきました。

■愛されない

私は、愛されないんだ。

今思えば、シクシク泣いている妹は、

姉からするとイラッとする。

ただ、それくらいのことで

発せられた言葉なんだろうと理解できるけど

当時の私は、そこまで理解ができず

私の存在自体がダメなんだ。

もう誰にも迷惑をかけないように

死んだように生きよう。

そう思うようになっていきました。

■旦那には言える

でも、私の転機は

旦那と出会ってからなのかもしれません。

結婚当初は、怒鳴りあいの

大げんかを何度もしたこともあったけど、

いつしか、自分の気持ちを

何でも言える唯一の存在になっていきました。

■自分で決める

そして、決定的に

私の気持ちが変わっていったのは

心屋仁之助さんや、本田晃一さんの出会いで

「愛されない」って決めていたのは

自分だったんだ・・

「私は、愛される」って

自分で決めることで

自分が変わり、

周りが変わっていくんだと分かるようになりました。

■まとめ<何を信じるのか>

結局は、長らくの間

自分で、勝手に

私は、愛されない

どうでもいい存在だと決めて

生きてきてしまっただけ。

でも、それでは、

ただただ、つまらない人生になるだけで

自分は、愛されるし

みんなから好かれるんだと

信じること。

何を信じて生きていくのかで

人生は変わっていくのだなと。