人は、決断することで疲れている。

メンタリストDaiGoさんの

自分を操る超集中力にこんなことが書いてあります。

脳は 、行動することによって疲れるのではなく 、

小さな意思決定の連続によって疲弊していく

■後回し

「後でやろう」

「後で考えよう」

何気ないことで、

私もよくやってしまっていること。

でも、人は、行動をすることに疲れているのではなく

実は、こういう決定することに

脳のパワーを使い、それによって

疲れたという感覚が生まれるのだそうです。

■やり残したこと

後でやろうと、後回しにしたことを

人は、全然考えていないようで

深層心理の中で、ずっと考えているのだそうです。

その、ちょっとしたことを

解決しないままにしておくから

脳が疲れて、何となく、

私は疲れていると感じているのです。

■モノが多い

そして、人は、何気なく目に入ったものも

無意識の中で、考えていて

目の中に入ってくるモノの情報が多いほど

脳は、体力を消耗しています。

これが、モノが多い部屋にいると

何となく疲れてしまう原因なのです。

■まとめ<さっさとやる>

本の中では、現在進行の作業があるときは、

とりあえず、付箋などに、

「後でやる」作業をメモしておいて

まとめて、最後にやる方法を紹介しています。

この方法は、私も

スマホを使ってやっています。

でも、それでも、やっぱり

すぐに片付いてしまうことは

「今やる」これに限るのだと感じます。

「後でやろう」ではなく

「今、やろう」

これが、疲れたという感覚を

最小限にしていく方法なんだなと。