年収が高すぎても、幸福度は上がらない理由。

人は、年収が高い方が

幸福を感じやすいのですが、

年収700〜800万円を超えると

その幸福度は横ばいになるのだそうです。

その理由として・・

年収が高くなりだすと

人は、人間関係(人との繋がり)を

どんどん薄くする傾向があるからなのだそうです。

■お金と人間関係

人は、お金のことを考えると

人と会いたくなくなる。

これは、最近なんとなく分かるようになってきました。

やはり、それだけ収入が多くなってくると

・お金のことを考えるようになるし

・その収入を得るための仕事のことを

考えるようになります。

■幸福度と人間関係

人の幸福度って

正直、お金では解決できないことって

かなり多いもの。

それは、大金を持っていて

高級住宅に住んで

高級車に乗っていても

それを分かち合う人間関係がなければ

人は、幸せだと感じないから。

■税金

そして、収入が多くなるにつれ

税金も、ものすごい勢いで増えていきます。

だから、年収ベースで金額が違っても

高給取りになると、そこまで手取りが変わらないとか。

そういうことも、現実に起こってくるので

年収700〜800万円くらいから

幸福度が横ばいになるのかなとも感じます。

■まとめ<幸福度を上げるために>

年収さえ、もっと高ければ

幸せになれる!!

それは、幻想だったりします。

それよりも

・お金に困っていないこと

・人間関係が良好であること

・好きなことができていること

こういうことがバランス良く整っていることの方が

よっぽど幸せだったりするものなのです。