ずっとしたいと思っていた仕事なのに幸せじゃない。

幸せな生き方

まんがで変わる 仕事は楽しいかね?

ワンシーン。

FullSizeRender

「ずっとしたいと思っていた

仕事をしているのに

なぜかやっぱり幸せじゃないんです」

この部分、凄く共感するなぁと感じました。

■建築士

私も、中学生くらいの時から

将来、建築士になろう!と思っていました。

そして、建築系の大学を卒業して

某有名住宅メーカーに就職して

23歳の時に、建築士の資格も取得して

大好きな住宅の設計をさせてもらって・・

それなのに、なぜか

幸せじゃありませんでした。

贅沢な話ですよね。

でも、何か物足りない・・

そんな日々を過ごしていました。

■もったいない

両親は、私に建築士になってほしいなんて

思っていなかったから、

「もったいない」とか

そのたぐいの話は出てきませんが、

設計事務所でお世話になった

社長や奥さんには、

「せっかく資格を持っているのに

もったいないわね」と言われていました。

資格もあって、仕事もできるのに

「もったいない」

■目標の弊害

私も、確かに

「もったいない」

心の中で、そう思っている部分はあります。

中学生の時に思い描いた

建築士の私は、キラキラ輝いていて

毎日が楽しいはずだった。

でも、現実やってみたら

そうでもなかった。

で、過去の自分と

現在の自分が思っていること

どちらが大切かといえば・・

それは「現在の自分が思っていること」

大切なんだなと。

■明日は今日と違う自分になる

本の中で伝えたいことは

「目標」という名のルールに

執着して、立ち止まる必要はないんだよ。

・やってみたいと思ったこと

・得意かもって思ったこと

・好きって思ったこと

そういう「今」の気持ちを大切にして

小さいことでも構わないから

今日とは違う自分になることが

素晴らしいことなんだよと。

■まとめ<今の自分を楽しく生きる>

私も、あんなに苦労して

習得した建築士の資格と知識・・

でも「なんか違う」

そういう感情から

ちょっとずつズレて

こんな所まで歩いてきた。

そんな感じ。

でも、私は、それで良かったなと感じます。

「今の自分」を信じて

小さなことで構わないから

チャレンジをし続けるって

大切だなと。